釣船茶屋ざうお

池守 りぜね

ざうお通の裏メニューは、刺激的なアノお寿司!~ぶっちゃけトーク満載な“ざうお女子会”に潜入【第2回】~

魚が釣れる居酒屋・ざうおで働く、活きのいい女子を集めて“ざうお女子会”を緊急開催!
ぶっちゃけトーク満載な座談会を全4回にわたりお届けするこの企画。
第2回は「ざうおあるある!」満載な「ざうおスタッフは見た!?こんなお客様がいた」というエピソードからスタートです!

ざうお女子会の登場人物

harachi原地 美緒さん(目黒店)
ざうおクルー歴は1年6カ月。好きな魚は「マハタ」。普段は大学院に通う学生さん。
akiyama秋山 祥子さん(目黒店)
ざうおクルー歴は今年の春で丸3年。目黒店のおすすめは、“日本酒の「14代」と「獺祭」”と、可愛い顔に似合わず? 部類のお酒好き。芸能人の来店に思わず嬉しくなってしまったことも!?
takafuku高福 希実子さん(渋谷店)
高校生の時から働き始めたざうおのクルー歴は約6年。新宿店からスタートし、目黒店と渋谷店のオープニングには社員として関わる。休みの日もドリンクメニューを考えてしまうほど、「ざうお愛」も人一倍!今の時期(3月)のおすすめは「サバの刺身」。
okubo大窪 里江子さん(所沢店)
ざうおクルー歴は14年の大ベテラン。普段は「リコさん」の愛称で周りから慕われている。プライベートでは中学生と高校生のお子さんを持つお母さん。愛情たっぷりの接客で、家族連れの常連さんも多い。ざうおのメニューでは「手作りざる豆腐」がおすすめ。
nanami小高 七海さん(所沢店)
ざうおクルー歴は1年半。所沢店は店内が広く、料理を運ぶのが最初は大変だったとか。おすすめは「車海老の塩焼き」。
misuzu

西 美涼さん(所沢店)
ざうおクルー歴2年半。仲の良いスタッフに恵まれ、学業とバイトを楽しく両立。今年の3月に高校卒業後も、ざうおに勤務予定。おすすめのメニューは「鯛茶漬け」。

emi小堺 恵実さん(所沢店)
ざうおクルー歴は9カ月。おすすめのメニューは「鯛の塩焼き」。華奢な身体からは想像できないが、趣味は8年続けている“よさこい”。
ざうおスタッフは見た!こんなビックリなお客様
emi

小堺:ビックリしたお客様と言えば、スーツ姿で生簀に落ちちゃった方。

okubo

大窪:えーっ!生簀に落ちるのは危険だから、注意して楽しんでほしいよね~…

nanami

小高:そのお客様、どうやって帰ったんですか?

takafuku

高福:万が一のために、お店にタオルとかTシャツは常備しているからね。

akiyama

秋山:うち(目黒店)もタオルは置いています。使わなくて済むのが一番ですけど(笑)

takafuku

高福:そういえば、生簀に落ちたお客様いたわ。目黒店でも。

harachi

原地:あー確かに、いましたね。ホントびっくりしますよね。

akiyama

秋山:気が付いたらめっちゃ水が滴ってるのね(笑)!

takafuku

高福:あと胸ポケットに入れたスマホを生簀に落としちゃうお客さんも多い!

一同:たしかに!!

okubo

大窪:そういえば、私もつい最近、お客さん助けてハンディ(注文を入力する機械)を落としちゃったの!

nanami

小高:そうだったんですか!

okubo

大窪:お客さんが釣りに夢中になりすぎちゃって。生簀に身体がV字に傾いちゃってて!「ヤバイ」と思って竿と網を持ったの。

takafuku

高福:それでどうなったの?

okubo

大窪:足が浮いちゃってたから足を押さえたら「うぎゃー」って暴れちゃって。

misuzu

西:あははは

okubo

大窪:そうしたら、私が持ってたハンディが生簀に飛んで行っちゃって。

nanami

小高:あらら。

okubo

大窪:そのお客様、V字のまま驚いてた(笑)。

emi

小堺:ウケる~。

okubo

大窪:だいたい魚が釣れた時に嬉しくてはしゃいじゃうみたい(笑)。でも泳いじゃった人はさすがにいないよね(笑)

akiyama

秋山:ちなみに、生簀の掃除って誰がしていますか?

misuzu

西:男子!

takafuku

高福:渋谷店も女子はしない、しない!男子がしてる。

misuzu

西:暗黙の了解で男子がやってるよね(笑)

okubo

大窪:生簀は毎日、掃除してるもんね。

akiyama

秋山:(驚きながら)目黒店は厨房の人がやっているので、普通に女性もやってますよ!

一同:(大きな声で)えー!!!1

ざうお裏メニュー「ロシアンルーレットお寿司」!
takafuku

高福:釣った魚でお寿司をオーダーされることがあるじゃない?「お寿司でロシアンルーレットやりたいから、わさびを大量に入れてきて」って言われて。

misuzu

西:ああ~。

takafuku

高福:私もちょっと楽しくなっちゃって(笑)。どれにわさび入れようって。うまく細工してわさびを隠してお客様のところへ持って行ったの。

2

nanami

小高:うんうん

okubo

高福:なぜかその場を私が仕切ることになって。「みなさん!ロシアンルーレットやりまーす!」って(笑)

akiyama

秋山:メニューにはないですよね?

takafuku

高福:ないない!でも頼まれればやります!

okubo

大窪:私も結構「ロシアンルーレットやりたい」って言われる!しかもカップルに(笑)。

takafuku

高福:カップルに!?

okubo

大窪:そう。二分の一の確率で当たっちゃうのにね(笑)。でもうちの店は基本的にお客さんの要望に100%応えるようにしたいので、無理なこと以外は相談して貰えれば。

akiyama

秋山:無理って言えば、「生ビール濃い目で」ってよく言われる(笑)。

misuzu

西:濃い目で(笑)?!

akiyama

秋山:そう!「いい感じで」とか(笑)。

takafuku

高福:「生ビール濃い目で」「了解でーす!」みたいな(笑)。

ざうお女子あるあるネタ!「女体盛り…」

takafuku

高福:無理なお願いといえば、新宿店で17歳でアルバイトしていた時に、高校生だった時にちょっと歌舞伎町にいそうな感じのチャラい男性のお客様が来て「お姉さん女体盛りできますか(笑)?」って聞いてきて。

「いえいえできませんよー。」って普通に返したんだけど、でもそれでもしつこく言ってきて。

okubo

大窪:それでどうしたの?

takafuku

高福:しかも最終的に釣竿の針に千円札をぶら下げて、私の目の前に出してきたの!

一同:えーーー!?

takafuku

高福:今でもその人の顔を覚えてるくらい強烈なお客様だった(笑)。

okubo

大窪:でも千円かよっ(笑)!

misuzu

西:千円じゃ釣れないでしょ(笑)!!

takafuku

高福:かっこいい人ならまだ良かったけど…

一同:(笑)

okubo

大窪:かっこいい人ならいいんだ!?

takafuku

高福:いや、よくないか(笑)!

nanami

小高:でもそれに近いけど、「お姉さん釣れないの?」っていうのも多いですよね!

一同:あ~~~

okubo

大窪:「お姉さん釣れないの?」は「ざうお」ならではの”あるある!”ネタじゃない(笑)

misuzu

西:チケット何枚?とか(笑)!

3

一同:(爆笑)

takafuku

高福:そんなこと言う人いるんだ!

emi

小堺:えー、言われたことない!

nanami

小高:嘘っ!めっちゃ言われますよ~。「これで足りるかな?」って言われて「あと100枚くらいはないと」って返すけど(笑)。

お客様の笑顔がざうお女子の原動力!
takafuku

高福:誕生日にざうおを利用してくれるお客様って嬉しいよね。

okubo

大窪:去年、所沢店で還暦の誕生日祝いをやっていただいたお客様がいて。親族が集まって賑やかだったよね。

emi

小堺:他にも誕生日祝いの時に、顔面にケーキをぶつけてたお客様いましたよね…。

misuzu

西:あ~、あれ、片付けが大変だったよね(苦笑)…。

akiyama

秋山:目黒店はランチ営業もやっているので、この間赤ちゃんの100日目をお祝いするお食い初めに来たお客さんがいたんですよ。

harachi

原地:へー

akiyama

秋山:親族10人くらいで来て。お祝いに鯛を傷つけないで焼いてくださいってオーダーが入って。それを食べると縁起がいいみたいで。

okubo

大窪:お食い初めで魚を目当てに来てくださる家族連れも多いよね。私は14年も勤務してるから、常連さんの子供たちの成長が半端ないっていうか。

こんなに大きくなっちゃったの~って(笑)。常連さんがこちらを覚えてくれているから、嬉しい!この前店長になったのを一緒に喜んでくれたりとか。

4

takafuku

高福:優しい常連さん多いですよね!

一同:(うなずく)

okubo

大窪:仕事ができる男性スタッフにも、優しい人が多いよね。

(第3回に続く…)

まとめ

盛り上がりを見せる”ざうお”女子会。徐々に打ち解けてきて、あんな話や、こんな話も!? 第3回は、魚にまつわる「ざうお」ならではの「仕事がデキるざうお男子」のエピソードをお届けいたします。どうぞお楽しみに!

 

記事をシェアしよう!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

コミュニケーションの記事一覧を見る ワークスタイルの記事一覧を見る