釣船茶屋ざうお

池守 りぜね

女性に優しい“持てる系男子”や、魚に詳しい“釣り名人”がざうおでは人気!~ぶっちゃけトーク満載な“ざうお女子会”に潜入【第3回】~

魚が釣れる居酒屋・ざうおで働く、活きのいい女子を集めて“ざうお女子会”を緊急開催!
ぶっちゃけトーク満載な座談会を全4回にわたりお届けするこの企画。 
第3回は釣りができる「ざうお」ならではの「仕事がデキる“ざうお男子”」をテーマに盛り上がりをみせています・・・
第1回第2回はコチラ)

ざうお女子会の登場人物

harachi原地 美緒さん(目黒店)
ざうおクルー歴は1年6カ月。好きな魚は「マハタ」。普段は大学院に通う学生さん。
akiyama秋山 祥子さん(目黒店)
ざうおクルー歴は今年の春で丸3年。目黒店のおすすめは、“日本酒の「14代」と「獺祭」”と、可愛い顔に似合わず? 部類のお酒好き。芸能人の来店に思わず嬉しくなってしまったことも!?
takafuku高福 希実子さん(渋谷店)
高校生の時から働き始めたざうおのクルー歴は約6年。新宿店からスタートし、目黒店と渋谷店のオープニングには社員として関わる。休みの日もドリンクメニューを考えてしまうほど、「ざうお愛」も人一倍!今の時期(3月)のおすすめは「サバの刺身」。
okubo大窪 里江子さん(所沢店)
ざうおクルー歴は14年の大ベテラン。普段は「リコさん」の愛称で周りから慕われている。プライベートでは中学生と高校生のお子さんを持つお母さん。愛情たっぷりの接客で、家族連れの常連さんも多い。ざうおのメニューでは「手作りざる豆腐」がおすすめ。
nanami小高 七海さん(所沢店)
ざうおクルー歴は1年半。所沢店は店内が広く、料理を運ぶのが最初は大変だったとか。おすすめは「車海老の塩焼き」。
misuzu

西 美涼さん(所沢店)
ざうおクルー歴2年半。仲の良いスタッフに恵まれ、学業とバイトを楽しく両立。今年の3月に高校卒業後も、ざうおに勤務予定。おすすめのメニューは「鯛茶漬け」。

emi小堺 恵実さん(所沢店)
ざうおクルー歴は9カ月。おすすめのメニューは「鯛の塩焼き」。華奢な身体からは想像できないが、趣味は8年続けている“よさこい”。
ざうお女子の理想はズバリ“持てる系男子”? 
okubo

大窪:仕事がデキるクルーって結局そうだけど、やっぱり優しい男子が一番!

takafuku

高福:優しいって、たとえば?

okubo

大窪:女子が両手いっぱいにお盆を持ってる時に、「持つよ」って言える男子がイケてない?

DSC_1238

misuzu

西:あーそれできる人、やばい!

harachi

原地:「持ちますよー」ってさらって言える人が、素敵だと思います。

DSC_1305

akiyama

秋山:Uさんとか、凄いよね。

takafuku

高福:まさに!重い物を持てる“持てる系男子”!

misuzu

西:どんな人??

akiyama

秋山:目黒店の人なんだけれど、趣味が登山でめっちゃ筋肉モリモリなの。

DSC_1204

nanami

小高:へ~。

akiyama

秋山:両手に大きいお盆でいっぱい乗せて持って行くんだよね。

harachi

原地:「了解でーす」って軽やかに持って行くの(笑)

emi

小堺:私は元気がいいと言うか。挨拶が大きい声の人がいいですね。

takafuku

高福:大きい声はやる気を感じる!

misuzu

西:あと子供に優しい人もいいですよね。

okubo

大窪:子供に優しいっていうのは前提だから!

nanami

小高:おお。

emi

小堺:確かにそれはそうですよねー。

DSC_0931

takafuku

高福:子供のお客様がお寿司作りを体験できる「寿司体験教室」があるじゃない。子供に優しいスタッフが多いよね。

かっこよく見られたければ、太鼓を叩け?!
akiyama

秋山:あと、魚さばいている姿とか。特に料理長が魚をおろしてる姿、かっこいいんですよ!

misuzu

西:わかる!真剣な雰囲気がいいんですかね~。

DSC04023

nanami

小高:そうそうそう!

emi

小堺:ちょっとダメな人でもかっこよく見えちゃったりとか(笑)

okubo

大窪:実際の手さばきはよくわからないけどね(笑)

takafuku

高福:あとこれもざうお”あるある”だけど、太鼓叩いてる時もそうじゃない?

DSC_1165

harachi

原地:あ~、確かに。

akiyama

秋山:魚が釣れた時とか、誕生日の時、盛り上げようと太鼓を叩く姿、かっこよく見えるよね。

misuzu

西:太鼓でいい音出したときとか(笑)

一同:うんうん(笑)

okubo

大窪:太鼓って湿度によって音が変わるしね。

nanami

小高:うんうん!

emi

秋山:めっちゃ違いますよね~。

okubo

大窪:太鼓の音がいい人を褒めたいよね。「今日いいよ!」って!

DSC_0995

emi

小堺:太鼓の音がいいとお店の雰囲気が楽しくなりますよね~。

takafuku

高福:これはお客様にもっと魚を釣って貰わないとって思っちゃうね(笑)

魚が釣れない時に頼りになるのが“釣り名人”!
takafuku

高福:お客様の中には釣りが好きで来る人もいるから、魚の知識がある”ざうお男子”は一目置かれるよね。

okubo

大窪:実際に釣りをする男性クルーは、知識というかウンチクが多いよね。

akiyama

秋山:「ありがとうございます。勉強になります。」ってなっちゃうけど~(笑)

DSC03945

misuzu

西:所沢店には釣り名人の男性社員がいますよね。

takafuku

高福:あー、新宿店にもいるね。

DSC03953

harachi

原地:目黒店も何人かいます。

takafuku

高福:各店舗に必ず何人か趣味が釣りの男子がいるのはならではかも!?

okubo

大窪:釣りが好きでプライベートでも行く人って、自分で魚をさばける人が多いよね。

emi

小堺:自分で釣った魚を家でもさばいて食べるとか、凄いなあって思います。

DSC_1388

okubo

大窪:そういうクルーって、生簀の魚がなかなか釣れない日に、どうすればよいかアイディアをくれるよね。

misuzu

西:確かに!

akiyama

秋山:意外な餌の提案をしてくれたり。

nanami

小高:魚が釣れない日って週一回くらいありますもんね。

DSC_1389

okubo

大窪:入荷する場所によっても違うから。魚って意外と色々デリケートなのよね。

misuzu

西:魚に詳しいざうお男子は、そんな時頼りになる!

takafuku

高福:でも、みんな男子として普段は意識していないだろうけどね(笑)。みんな男女関係なく仲がいいよね。ぶっちゃけ、恋愛対象にするならこの人ってある?

一同:えーーー(笑)!

DSC_1408

(第4回に続く…)

まとめ

働いている店舗や年齢は違っても、同じ“ざうお”で働く女子同士。すぐに打ち解けたかと思えば、男性クルーの話題でさらに盛り上がりを見せている“ざうお女子会”。 

最終回は、禁断の“ざうお女子”の恋愛事情に迫ります。どうぞお楽しみに!

記事をシェアしよう!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

コミュニケーションの記事一覧を見る ワークスタイルの記事一覧を見る