釣船茶屋ざうお

池守 りぜね

ざうおクルー同士は恋愛禁止ってホント!?~ぶっちゃけトーク満載な“ざうお女子会”に潜入【第4回】~

魚が釣れる居酒屋・ざうおで働く、活きのいい女子を集めて“ざうお女子会”を緊急開催!
ぶっちゃけトーク満載な座談会も、遂に最終回。今回は禁断の「“ざうお女子”の恋愛事情」に迫ります!
第1回第2回第3回はコチラ)

ざうお女子会の登場人物

harachi原地 美緒さん(目黒店)
ざうおクルー歴は1年6カ月。好きな魚は「マハタ」。普段は大学院に通う学生さん。
akiyama秋山 祥子さん(目黒店)
ざうおクルー歴は今年の春で丸3年。目黒店のおすすめは、“日本酒の「14代」と「獺祭」”と、可愛い顔に似合わず? 部類のお酒好き。芸能人の来店に思わず嬉しくなってしまったことも!?
takafuku高福 希実子さん(渋谷店)
高校生の時から働き始めたざうおのクルー歴は約6年。新宿店からスタートし、目黒店と渋谷店のオープニングには社員として関わる。休みの日もドリンクメニューを考えてしまうほど、「ざうお愛」も人一倍!今の時期(3月)のおすすめは「サバの刺身」。
okubo大窪 里江子さん(所沢店)
ざうおクルー歴は14年の大ベテラン。普段は「リコさん」の愛称で周りから慕われている。プライベートでは中学生と高校生のお子さんを持つお母さん。愛情たっぷりの接客で、家族連れの常連さんも多い。ざうおのメニューでは「手作りざる豆腐」がおすすめ。
nanami小高 七海さん(所沢店)
ざうおクルー歴は1年半。所沢店は店内が広く、料理を運ぶのが最初は大変だったとか。おすすめは「車海老の塩焼き」。
misuzu

西 美涼さん(所沢店)
ざうおクルー歴2年半。仲の良いスタッフに恵まれ、学業とバイトを楽しく両立。今年の3月に高校卒業後も、ざうおに勤務予定。おすすめのメニューは「鯛茶漬け」。

emi小堺 恵実さん(所沢店)
ざうおクルー歴は9カ月。おすすめのメニューは「鯛の塩焼き」。華奢な身体からは想像できないが、趣味は8年続けている“よさこい”。
ざうお女子の理想はズバリ“持てる系男子”? 
takafuku

高福:ざうおのクルーはみんな男女関係なく仲がいいよね。ぶっちゃけ、恋愛対象にするならこの人ってある?

一同:えーーー(笑)!

DSC_1408

okubo

大窪:みんな男子として見られない…。私どうしてもお母さん目線で見ちゃうから、「お婿さん候補」としてはどうだろう…。やっぱりよく気が付くS藤さんかなー。

emi

小堺:確かに!S藤さんは心遣いが凄くいい!

akiyama

秋山:所沢店の人?

okubo

大窪:そう、みんなに対しての状況とか気配りができるから、私はざうおでは一番S藤さん推しかな(笑)!

▲所沢店のS藤さん

▲所沢店のS藤さん

misuzu

西:S藤さん、チャラくないですか(笑)!?

okubo

大窪:それは今、若いからチャラいだけで、チャラくなくなったらS藤さんじゃないから(笑)!よし、みんな一回、頭の中で良いと思う男子を思い浮かべよう!

一同:え~…

思い浮かべてみよう

一同:………

・・・・

takafuku

高福:みんな結構、長く勤めてるのにね!いないの(笑)!?中身で選ぶか、外見で選ぶかで変わってくるかも。

nanami

小高:よく気が付くS藤さん系か、真面目なKさん系か。

takafuku

高福:目黒店は?

akiyama

秋山:目黒は誰だろう(笑)

harachi

原地:あはは……。ちなみに所沢店のKさんってどんなタイプですか?

okubo

大窪:Kさんは、見た目はチャラいけど中身はむっちゃ硬派なタイプ。

▲所沢店のKさん

▲所沢店のKさん

takafuku

高福:ひげ生えてる人?

misuzu

西:そう!一回、ひげ剃ってきた時、びっくりしましたよ!

okubo

大窪:Kさんは、いじられるより、いじりたい派だから困っただろうね(笑)

emi

小堺:やっぱり選ぶならKさんかな。

nanami

小高:中身で見るとKさんかな。

misuzu

西:●●(某アイドル)にも似ているし、F田さんとかイケメンなんじゃない?

▲所沢店のF田さん

▲所沢店のF田さん

emi

小堺:えー!私、F田さんは優しすぎてダメかも(笑)

akiyama

秋山:どうしよう…。所沢店が盛り上がってるけど、目黒店にいい人が浮かばない(笑)

harachi

原地:あはは……。

原地さん目が

 

クルー同士の恋愛禁止って本当!?
akiyama

秋山:でも、ざうお内で実際に付き合ってるカップルっているんですか?

okubo

大窪:意外と多いかも!社内恋愛は推奨はしていないんだけどね(笑)

推奨してない

takafuku

高福:そう、ざうおに入った日にマニュアルを読んだら、「社内恋愛禁止」って書いてあったの!ビックリしたよ~(笑)

misuzu

西:えー!実際そうなんですか!?

実際そう

takafuku

高福:いや、いたけどね(笑)!

okubo

大窪:私が入った時も書いてあったよ!つきあうなら、「結婚まで行かないとダメ」って!

nanami

小高:えー!凄い!

takafuku

高福:今は違うかも。店舗ごとにマニュアルが違うしね。

今は違う

harachi

原地:でもできれば社内恋愛はない方がいいよね。ケンカしたり別れたりすると大変ですからね。

emi

小堺:確かに~。

okubo

大窪:うまくいってればこっちも嬉しいんだけど、周りの方が気を遣うよね(笑)

ズバリ!仕事が楽しくてそれドコロじゃない!?
misuzu

西:結局、目黒店は誰の名前も挙がっていないですよね(笑)

秋山・原地:……(苦笑)苦笑

harachi

原地:いや、実は店長とか上司が現場のスタッフに悪口を言われないバイト先は初めてで。みんなスタッフがバチバチしていなくて。店長や料理長もみんなから慕われてるんですけどね…。

takafuku

高福:確かに。慕われてるのとは違うけど、お客様から人気があるクルーもいるよね。

emi

小堺:所沢店は、やっぱりF田さんですよね!

okubo

大窪:うん、F田さんだね~。アイドルにも似てるし(笑)「今日、F田さんいる?」っていうお客様、いたりするよね。

akiyama

秋山:目黒店は意外と料理長が好かれてます。同じ様に「S村さんいますか?」って訪ねてくるお客様、いたもん。

harachi

原地:もう男女関係ないですけど…(笑)、確かにうち(目黒店)のT澤さんと料理長S村さんはお客様に結構好かれてるかも。

▲目黒店の店長・T澤さん

▲目黒店の店長・T澤さん

▲同じく目黒店の料理長・S村さん

▲同じく目黒店の料理長・S村さん

takafuku

高福:T澤さんは男女問わず好かれるもんね。

okubo

大窪:私、そういう意味では人間の器が大きそうな渋谷店のY田店長も好きだよ。

takafuku

高福:あはは!Y田さんはすごいパパみたいな感じ。みんなの顔をよく知ってるし、包容力があるから“ざうおのオアシス”って感じかな。

▲渋谷店の店長・Y田さん

▲渋谷店の店長・Y田さん

okubo

大窪:オアシスね(笑)わかる。結局ざうおクルーはみんな仕事に一生懸命で、それどころじゃないのかも。

takafuku

高福:脇に魚何匹も挟んでも動じなくなるし、どこの店舗も女子が強い傾向があるから、恋愛が生まれないのかもね!

emi

小堺:じゃ結論は「恋愛対象はいない」ってことですか(笑)?

一同:あはは!

takafuku

高福:全員一致だね(笑)!

全員一致

まとめ

終始、笑いが絶えない大盛り上がりの“ざうお”女子会。印象に残ったお客様から、魚の達人の“ざうお男子”、裏メニューからクルー同士の恋愛トークまで!“ざうお”愛に満ちた女子スタッフたちの笑顔に、どうぞ会いに行ってくださいね。

記事をシェアしよう!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

コミュニケーションの記事一覧を見る ワークスタイルの記事一覧を見る