釣船茶屋ざうお

ざうお渋谷店

“究極のかき氷”を求めて ~雲の彼方へ~

日差しの重い今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか!

ざうお渋谷店です!

 

さてさて、8月に入り夏も本番と言った所ですが、

渋谷の夏は特に暑い!!!(そして熱い!!?)

何かこう、暑さを吹き飛ばす様なアイデアはないか?

どーしたものかと考えていました所、お向かいの居酒屋さんの前に看板が・・・・

 

・・・か、かき氷!?

 

そうです!季節は夏、暑さを吹き飛ばすにはかき氷なのです!!!!

飲食に携わる者として常にアンテナを張り巡らして
世のニーズやトレンドをキャッチして然るべきを、
あまつさえお向かいさんに気付かされる始末!(゚Д゚;)

何という失態!!

 

そして即・・・かき氷実行委員会設立!!!

 

委員会発起メンバー
takafuku (1)副店長 高福:
お客様に喜んでもらえるようなかき氷を作るぞっ!
matsuzaki (1)社員 松崎:
料理は見た目も大事!美しい料理を求め勉強中。
nishiyama (1)クルー 西山:
体育会系のプチマッチョ。甘いもの大好きスイーツ男子!

 

 

早速、緊急会議!!

0
↑集まった幹部(笑)の前で力説する高福氏。

 

 

そして遂にプロジェクトは始動します・・・

“究極のかき氷”を求めて~雲の彼方へ~ (←特に意味はないデス。笑)

要は、美味しいかき氷を作ってお客様に提供し、
少しでも涼んで頂こう!!と言う企画です。

 

そこで我々は、敵を知り、己を知れば百戦危うからずの教訓から、
まずは都内の某有名かき氷店に突撃!

お手並み拝見とばかりに伺った我々は見事に度肝を抜かれました!

 

もうふわっふわ!

 

ふわっふわ!

 

 

大事な事なので二回言いました。

もはや我々が知るかき氷とは一線を画した氷のスイーツでした!

進むべき道が見えた瞬間でした。

理想の形が見えた所で、ではどう作るのか?これが難題でした。

 

かき氷機を調達!

業務用をレンタルしよっかなーなんて軽い気持ちで
ノリノリネットサーフィンをしていたら・・・・

 

1か月レンタルで約30万・・・だと!?

ム――――――リ――――――――!!!!!

 

 

再び緊急会議・・・。

3
↑金額の大きさを切に訴える高福氏。

 

レンタルが無理ならば、いっそのこと買っちゃえ~!

なんて軽い気持ちでノリノリネットサーフィンをしていたら・・・・

 

 

キューブ式?ブロック式?ハイ・・・?(゚Д゚)?

 

 

かき氷もいろんなのがあるんですね・・・。

 

キューブ式は家庭で一般的にある氷を使う方法で、
昔からあるシャリシャリしたかき氷が作れるそうですが、
ブロック式は氷屋さんで購入できる塊の氷を使う方法で
最近はやりのふわっふわのかき氷が作れるらしいです!

 

そして手動にするのか、電動にするのか・・・。

手動は時間がかかるけど長く使える。
電動は楽だけどモーターの故障などが懸念される。

ん―――!!(~_~;)

 

 

悩んだ末、家庭用のブロック式手動かき氷機を購入!

 

そして・・・・・・・

 

 

かき氷機!

 

キ――――――――タ――――――――――!

4
↑到着した相棒にウッキウキの西山氏。

 

作ってみよう!

早速試作!

5

まずは普通に水を凍らせて作ってみることに!

6

商品化に向けて、熱の入り方も徐々に大きくなっていきます。

 

takafuku (1)

高福:
「男とか女とか、関係ないんすよ。
限界を超えてどこまで回していけるか?
みたいなところ、ありますよね~・・・」

その様はまるでアスリート。

7
↑いつにもなく真剣にかき氷機を回す高福氏。

 

なんとなくいい感じかも!!!!

 

 

 

スタッフからの提案で、カクテルかき氷なんてどうですか?
という声があったので
なんとなくカクテルを凍らせて作ってみたものの

かき氷というより、フローズンカクテル・・・?

8

 

 

とりあえず飯田氏と松崎氏に試食(というより試飲に近い)をお願しました。

10

iida (1)

飯田:「うーん。味はまぁまぁ。ていうかお酒強くないコレ?」

 

ちょっとリキュールが多すぎましたかね(笑)

 

11
↑つい食べ過ぎて酔いが回り、いつもよりキレッキレの松﨑氏。(笑)

matsuzaki (1)

松﨑:「くぅ~!」

 

 

 

 

うーん。すぐに溶けちゃうし、ふわふわしてないので却下・・・

 

 

 

12
↑壁にぶち当たる西山氏。

nishiyama (1)

西山:「アルバイトスタッフと一緒に試作、試食、試行錯誤を繰り返します・・・。」

 

 

挫折と挑戦

13
↑先輩に慰められる西山氏。

nishiyama (1)

西山:
「究極のかき氷・・・。
商品を考えるのってこんなにキツいんですね、先輩・・・。
バイトしてる時よりきついっす。」

 

 

 

アルバイトスタッフの成長が見れた瞬間でした。(ジーン)

 

 

 

14

普通のかき氷だけじゃつまんない!とクルーたちの意見を取り入れ

牛乳をベースにいろんなシロップを混ぜて試作!

 

 

 

 

その氷で出来たかき氷がこちら!

15

おっ!!!!!ふわっふわのかき氷に近づいている気がする!!!!

 

17

イチゴミルクとチョコミルクはクルー達に大好評でした!!

 

 

18

 

「No Challenge No Future」

挑戦なくして未来なし。挑戦をしない者に成長はない!

我が社の社訓を心に刻み、日々、試行錯誤を繰り返しました。

 

たかがかき氷、されどかき氷!!

 

今回この企画を通してかき氷の商品化に挑戦し、

ちょっと成長した!

気がします。(笑)

 

完成!!!

こうして、やっと!完成しました!!!!

“究極のかき氷”!とは胸を張って言えないかもしれませんが!

渋谷店にご来店下さるお客さまに、美味しいかき氷を召し上がっていただき!

この暑い夏、少しでも涼んでもらいたい!その想い一心で作りました!

 

 

最終的に完成したメニューはあえて…!
来てからのお楽しみに~・・・♬

19-2

 

そ・し・て!

私たちが開発したかき氷は期間限定で、なんと!

「ブログを見た」と言ってくださったお客様にサービスしちゃいます!!

 

※1組様につき1皿とさせて頂きます
※ 無くなり次第終了となります
※ 作るのにお時間を頂戴しますのでご了承下さい!
※ 店内でお食事の場合のみとなります

 

数量限定ですので品切れの際はご容赦くださいっ!

 

是非是非、食べにいらしてくださいー!

ひんやりかき氷と私たち渋谷店のスタッフ一同、
皆様のお越しを心よりお待ちしております!

記事をシェアしよう!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

30周年記念チャレンジの記事一覧を見る コミュニケーションの記事一覧を見る