釣船茶屋ざうお

池守 りぜね

噛まれたら一番痛い魚は、まさかの●●●!?~ぶっちゃけトーク満載な“ざうお女子会”に潜入【第1回】~

1

女子会と言えば、職場のグチをはじめ、彼氏やダンナさんに対する不満や、ちょっと下世話な話まで…。
ストレス発散とばかりに本音トークがさく裂して、男性がその場に居合わせると、ドン引きしてしまうことも。
では、ざうおで働く女子も同じことに?

魚が釣れる居酒屋・ざうおで働く、活きのいい女子を集めて“ざうお女子会”を緊急開催!その現場に潜入してみました!
ぶっちゃけトーク満載な座談会を全4回にわたりお届けします。

ざうお女子会の登場人物

harachi原地 美緒さん(目黒店)
ざうおクルー歴は1年6カ月。好きな魚は「マハタ」。普段は大学院に通う学生さん。
akiyama秋山 祥子さん(目黒店)
ざうおクルー歴は今年の春で丸3年。目黒店のおすすめは、“日本酒の「14代」と「獺祭」”と、可愛い顔に似合わず? 部類のお酒好き。芸能人の来店に思わず嬉しくなってしまったことも!?
takafuku高福 希実子さん(渋谷店)
高校生の時から働き始めたざうおのクルー歴は約6年。新宿店からスタートし、目黒店と渋谷店のオープニングには社員として関わる。休みの日もドリンクメニューを考えてしまうほど、「ざうお愛」も人一倍!今の時期(3月)のおすすめは「サバの刺身」。
okubo大窪 里江子さん(所沢店)
ざうおクルー歴は14年の大ベテラン。普段は「リコさん」の愛称で周りから慕われている。プライベートでは中学生と高校生のお子さんを持つお母さん。愛情たっぷりの接客で、家族連れの常連さんも多い。ざうおのメニューでは「手作りざる豆腐」がおすすめ。
nanami小高 七海さん(所沢店)
ざうおクルー歴は1年半。所沢店は店内が広く、料理を運ぶのが最初は大変だったとか。おすすめは「車海老の塩焼き」。
misuzu

西 美涼さん(所沢店)
ざうおクルー歴2年半。仲の良いスタッフに恵まれ、学業とバイトを楽しく両立。今年の3月に高校卒業後も、ざうおに勤務予定。おすすめのメニューは「鯛茶漬け」。

emi小堺 恵実さん(所沢店)
ざうおクルー歴は9カ月。おすすめのメニューは「鯛の塩焼き」。華奢な身体からは想像できないが、趣味は8年続けている“よさこい”。
激論!一番“痛い”魚は何??
okubo

大窪:ざうおクルーって、他の仕事では考えられないビックリするような“あるある”があるよね~。

takafuku

高福:みんな一回くらいは魚に噛まれたことがあるんじゃないかなって思うんですよ。

一同:(笑)

okubo

大窪:あー、それが私、噛まれたことないのよ。

takafuku

高福:えっ! 14年もいて一度もないの?

okubo

大窪:私、釣れた魚から針を外すのが超うまいのよね(笑)。

nanami

小高:私は初日に噛まれましたよ~。

misuzu

西:(笑いながら)私も初日ー!

takafuku

高福:一番痛かったのは、アナゴ!針を取ろうとした時に、アナゴに噛まれて。噛まれたまま取れないから、店長のところに泣きながら「取ってください~」って行って(笑)。

一同:えー痛そう!!2

akiyama秋山:あ、うち(目黒店)の店長が言ってました!アナゴには気を付けろって。
okubo

大窪:あーきみちゃん(高福さん)が噛まれたからだ(笑)!

harachi

原地:みんな鯛とかヒラメには、一回でも噛まれたことありますよね~。

misuzu

西:私は鯛の背びれが刺さったことあるんですけど、アレ痛くないですか!?

一同:あ~~~(うなずく)

nanami

小高:暴れる魚と、暴れない魚もいるんですよね。

takafuku

高福:カワハギとか暴れない?

harachi

原地:カワハギって、キーキー鳴きますよね。。

3

misuzu

西:あの声、最初びっくりしましたー!

emi

小堺:ね。めっちゃびっくりするよね。

痛みに耐えて笑顔で接客!不屈のざうお女子
takafuku

高福:あとさ、お客様が釣った魚が入った網を脇に抱えた時、魚が暴れると痛いよね。

misuzu

西:ヒラメとかめっちゃ痛い!

nanami

小高:それめっちゃわかる気がする~。

emi

小堺:魚のはさむ順番間違えると痛い!

misuzu

西:そうそうそうそう、刺さって。「しまった順番間違えた!」って心で思いながら笑顔。でも超痛いんですよ。

4

一同:(うなづく)

nanami

小高:大変と言えば、最初にざうおに入った時に、釣りとか諸々お客様に説明する内容を覚えるのが結構大変でした。

一同:(うなづく)

takafuku

高福:魚釣りできる店ってないもんね。説明することが多いんで、やたら長いのよ~。

misuzu

西:でも、説明を全部頑張って覚えて言った瞬間、先輩から削られるんですよぉ。ここいらないよねって(笑)

nanami

小高:あるある、(マニュアルを見ているふりをしながら)ここいらないよねー。ここいらないよねーってね(笑)

takafuku

高福:最初は、みんなロープレ(ロールプレイング)するよね。

okubo

大窪:安全に楽しんでもらわないといけないからね!

実は苦手だった魚も自然と克服!
takafuku

高福:もしかして、ざうおに入る前は魚に触れなかった人っている?

原地、秋山、小高:はーい…
5

takafuku

高福:魚、苦手だったんだ?

akiyama

秋山:結局ホールにいると釣った魚をお客様が持ってきて「どうしたらいいんですか?」って聞かれることが多いので、いつの間にか慣れてましたけど!

harachi

原地:最初はびっくりしちゃうよね!

okubo

大窪:逆にお客さんの方から「魚、怖くないの?」って聞かれることない?

takafuku

高福:「お姉さんかっこいい」って褒められるよね(笑)

一同:(笑)

takafuku

高福:なんなら男の人の方が、魚に触れない人多いかも。

akiyama

秋山:ああー

misuzu

西:(笑いながら)います、います。たまに鯛の顔にナプキンかけてる人とかいます。

nanami

小高:そうそうそう!

takafuku

高福:料理を置くときに、お客様の方に魚の顔が向いていなかったから、スタッフが間違えておいたのかと思って、「すいません、これ逆なんですよ」って皿の位置を直そうと思ったら、「(魚の顔がお客様と逆方向)これでお願いしますって」って言われて。

misuzu

西:あははは

okubo

大窪:目を合わせたくないんだよね(笑)

takafuku

高福:変わったお客様と言えばさー・・・

 

まとめ

“ざうおクルーあるある”から盛り上がりを見せるざうお女子会。 日々、魚と格闘しながら働いている女性クルー達の、笑顔の下に隠された努力が伝わったのではないでしょうか? 

第2回は、釣りができるざうおならではの「こんなお客様がいた!」というエピソードをお届けいたします。どうぞお楽しみに!

 

記事をシェアしよう!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

コミュニケーションの記事一覧を見る ワークスタイルの記事一覧を見る