釣船茶屋ざうお

釣船茶屋ざうお

天然鯛を釣ろう!ざうおフィッシングクラブ始動!!【後編】

と、いうことで。
ざうおで結成されたフィッシングクラブ初の活動、後編です。
【前編】はコチラ) 

 

初めて鯛を釣って学んだこと

魚の種類によって引き具合が全く違う!!

 

釣れた瞬間に軽い引き具合だったら

『あぁ~レンコや~ん』

ってわかるようになる。 

1
↑レンコ鯛

 

 

 

これは目的の鯛ではなく、どっちかというと
あぁ、レンコやった~(残念…)って言われる子。 

美味しいけど。 

 

 

で、引きが重い、というか逆らってくるというか、
最後まで諦めずに抵抗してくると

『きたきたー!真鯛や!!!』

ってなる。

2
↑真鯛

 

 

素直に釣れてくれずに暴れるので
糸が切れたり、針が取れたりすることもある。 

無理やり釣ろうとすると釣れないけど
自分のペースで落ち着いて
慌てずに巻き上げたら釣れる。

 

 

 

“まるで恋愛と同じやんっ!素敵やんっ!”

 

 

 

ってことは・・・

 

 

 

釣りを極めれば結婚できるとね?

ならバリバリ頑張るばい!

 

 

 

 

果たして社長の殺気は・・・

 

そして、社長レベルになると
魚がエサに食いついて
糸を引き始めた時点で鯛やレンコ以外でも
何の魚かわかるらしい・・・ 

 

 

 

 

 

って、まずその前に・・・

そもそも社長釣れてないしっ!

そもそも釣れるとかいなっ!

 

 

 

( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

 

 

 

 

 

っていう松永部長の独り言が
あの時、船の上で聞こえた気がする。

 

 

 

 

 

でもぉぉ!!

 

 

 

  

 

でもでもぉぉ!!

社長ヒ――――ット!!

3

 

ですよねですよね――――!

はいはいはいはい―――っ!

僕は信じてましたよ!

さすが社長――――!

 

4

 

えっ!?真鯛?

しかも40㎝は超えてる!?

この時点でわかるとは!

はいはい!僕は信じてましたよ!

さすが社長――――!

5

シルエットが見えてきた! 

6

船長キャッ――――チ!!

 

 

 

 

デカッ!!!

7

 

おめでとうございます!!

僕は、僕だけは信じてましたよ――――!

さすが社長――――!!!

 

 

一本目でこの大きさ!!

かっこええっす!!

さすがざうおフィッシングクラブ主将!

 

 

 

あっ!そうそう、ちなみにこの鯛を釣る15分位前に
社長の竿に引きがあったけど
その時点でレンコが釣れたことに気づいた社長が
『おいっ!写真は撮るなっ!!』
って僕を一喝&にらみつけて・・・
 
実は、ちぃぃっさいレンコ鯛が
一本目に釣れてたのを隠してることっ!
 
これは自分と社長だけの秘密っすよ~
まだ誰にも言っとらんっすよ~
記事はねつ造しとくっす!

 

 

 

 

 

いや、そんなことより、

いよっ!さすが社長――――!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや、よかったよかった。

社長の殺気が消えた~

 

 

 

 

ε-(´∀`*)ホッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは問題の釣れてない落ち武者


いやいや、
小林店長だけか・・・

 

 

AM10:30
釣り始めて3時間。
なかなか小林店長だけが釣れないのって・・・

 

 

 

ウケる(笑)

 

 

 

容赦なく降り続ける雨以上に
容赦なく浴びせられる小林店長への
松永部長の罵声が、あまりに酷い(=面白い)

 

 

 

『ほんと、お前なんしに来たとや~?』

『わざわざ大阪から高い金つこぉてから』

『普段は難波のみんなにエラそうなこと言いよるとに』

『大阪に帰ってなんて説明するとや?』

 

『デコガイコツみたいな顔してほんと』

↑これはホントに酷い(=ホントに面白い)

 

 

 

まぁ、これにしっかり反応するデコガ・・・

小林店長もさすがっすね!

 

 

 

『だれがデコガイコツや#』

8

 

 

 

なーんて言ってると・・・

 

 

 

言ってるとぉぉ・・・

 

 

 

 

きたーーーっ!

当たりが来た!

 

 

 

 

 

重田部長にーーーー(笑)

9

 

 

小林店長はもう釣れんばい今日は(笑)

 

 

しかし重田部長。
すでに10分近く格闘中??
今日すでに50cmクラスを釣ってる重田部長が
けっこう苦痛の表情を浮かべとる・・・

 

ついに来たのか!

80cmオーバー!!?

 

やっぱり当たってる人に来るんやな・・・

 

この日すでに何本か鯛を釣り上げてた
重田部長本人はビギナーズラックって言いよったけど、
まさか80cmオーバーまで釣ってしまうとは。

 

 

さすが!持ってますねぇ~

 

この時はさすがにみんな自分の釣りを放棄して集まってきた。

社長も本部長も反対側からわざわざ。

10
(↑大物を釣る前に1枚って撮った写真)

 

 

同じ船の上でいっぱい釣れる人もいれば、さっぱりな人もいる。
船は少しずつ移動してるから、条件は皆同じなはずなのに。
これはホントに不思議やったね~

 

 

そして、ついにその時は来た。

 

この日一番の期待を集め。

 

その瞬間は不思議と雨も上がったんよねぇ~

 

船長も含め、全員が固唾をのんで見守る中・・・

 

ついに重田部長が釣り上げた!

 

 

 

 

 

11

 

あれ?

ふつうのサイズ・・・?

 

 

 

 

いやマジ、ふつう。

可もなく不可もなく。

ふ・つ・う

 

 

 

 

ウソやろ~!

なんなんすかマジで~!

どんだけ大袈裟で人騒がせなんすかぁぁ!

さすが!持ってませんねぇ~!

 

12

は~い、解散解散。

社長もこの通り

 

┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

っすよ(笑)

 

 

ほんと、このときみんなが期待して

盛り上がったんやどなぁ~

 

 

そんなこんなで、他にもいろいろあったけど、

小林店長は結局釣れた!

残念ながら!(笑)

13

 

3時間以上粘ってやっとやったっすね~!

 

 

 

てか、なにまじめに釣ってるんすか~

面白くないなぁ~

 

 

 

松永部長とかホントに面白くなかったのか
この後なんもしゃべらんくなるし(笑)

 

 

 

小林店長はこの後はけっこう釣れてたから、
大阪から来た甲斐はあったっすね!
高い金つこぉて(笑)

 

さ、結果だけささっと書こう!

 

結果発表
この日一番デカい鯛(62㎝)を釣ったのは、小野本部長。
↓写真
14
うん、おめでとうございますっ。

 

 

 

そして!

ジャ~ン!

15

 

ぬぉぉぉぉ!!!なんすか社長!?
その魚!!!

 

 

アオナ?

 

 

このアオナが針にかかる前、社長は

「なんかおるっちゃんねぇ・・・

 鯛じゃないと思うけど、

 “なんか”が、おる・・・」

 

 

って言いよったけど、ホントにわかるんすね。
エサをつつく感触だけでよくわかりますね社長。

 

さすがっすぅぅ~!!!

 

 

ということで、
AM7:30にスタートしてPM13:00までの5時間半で

 

 

終了――――!!

 

 

釣果はこの通り!

16

・真鯛 27本
・レンコ 19本
・ヤズ 1本  ←σ(゚∀゚ )オレ
・アオナ 1本 ←社長!

 

まさか初心者軍団でここまで釣れるとは思ってもなかった。

楽しかった~!

 

 

 

帰りの船はみんな2時間半ぐっすり

o(~ρ~)o zzz・・・

 

 

福岡に到着したのは、PM15:30

 

みんなで魚を運んで
17

 

記念に一枚!
18
↑社長が撮ってくれた!

 

ので、全員初心者!でも、もう上級者!?

長い一日でしたが、あっという間やった~
本当にいい経験ができた!!

 

 

やっぱ何事もやってみらなわからん。

“No Challenge No Future”

を改めて考えさせられた!

 

これで【後編】は終了!
次は最後の【喰らう編】。

みんなで食べたときの様子をUP!
お楽しみに!

記事をシェアしよう!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

ワークスタイルの記事一覧を見る