釣船茶屋ざうお

ざうお本店

食欲の秋!きのこ採りに挑戦!

こんにちは!季節は食欲の秋ですね!
 
今では通年食卓に何かと並ぶきのこですが、やはり旬は秋!

今回は秋の味覚、きのこにスポットを当ててみました!
 
 
この時期には、山に行けばきのこがたくさんなっているのではないでしょうか??
 
ということで、今回は本店裏山に「天然きのこ」を採集に行ってきます! 
登場人物
yuto

岩城 裕士:

僕です!自然の山をしっかりレポートします!

ryoricho

木村料理長:

本店味のご意見番。何をしても人より早い。
帰るのも誰よりも早い。

oba

大歯 直哉:

本店の店長。スーパー多趣味。
はまるととことん調べまくる。

honoka

ほのかちゃん:

2歳。どこで聞いたのか、朝から
「きのこ、きのこ」と言い続けるので同行…

きのこ採りに出発!

出発の日、朝は雨模様…
 
せっかく集まったのに、雨ではさすがに山は危険か…
 
と思いましたが、お昼過ぎより曇りですが雨は上がってきました!!
 
これはジメジメしてキノコが生えそう!!
(すぐ生えるものではない)

この機に出発!!
 
1
 
朝はご機嫌だったのですが、お昼を過ぎたため、眠くなったほのかちゃんも一緒に意気込み撮影。
 
2
 

美味しいキノコを探してきます!!


裏山へ!

そもそもキノコはどこに生えているのか??
 
oba

大葉:「料理長!キノコはどんなところに生えているんですか?」

ryoricho

料理長:「え!?タケノコならわかるけど」

 
 
もちろん僕も知りません…
 
取りあえず裏山の鶏小屋付近から探索を始めることにしました!!
 
 
まずは鶏小屋でニワトリさんを…

そうなんです!本店では養鶏もしております。
 
「北崎鶏」という自店ブランドの鶏を、裏山に沢山飼育しているんです。
 
元気なニワトリさんが元気いっぱいに出迎えてくれました!
 
3
 
「コケー!!」
 
 
出迎えて…
 
 
4
 

みんな逃げていきます…
 
 
せっかくなので外から…
 
 
5
 

今度は中に引っ込んでしまいました…
 
見慣れないからでしょうか?
嫌われている??;;

でも今日はニワトリさんが目的ではないので、気を取り直して山に行きましょう!!
 
徒歩でキノコを探しながら山の奥地へと進みました。

探索 

6
 
そんなに簡単にキノコが見つかるはずない…
 
と思っていた矢先…
 
7
 


「お!!!?」

 

「発見!!?」

 

 
8

確かにキノコです!!
 
枯れた竹に並ぶように生えています!!
 

なんというキノコか解かりませんが、キノコです!!

幸先いいスタート!

 
 
どんどん行きます!
 
9
 
だんだんと道が険しくなってきました。

もうここは獣道ですネ…

10 
 
ここまで来るともう獣も通ってなさそうです…

これは無理ですね…引き返しましょう
 
 

「!!?」


 11
 
見慣れた後ろ姿が…
 
12
 


「りょ!料理長!!!!」


さすがです。どんどん進んでいきます!
(蜘蛛の巣に何度も引っかかってますが…)
 
尊敬します!おそらく彼が怖いのは、会長だけでしょう。
 
僕らも続かなくては!!
 
 
13
 
一応手伝ってくれているようです。
(ただ上に行きたいだけのようでもあります)
 
14
 
お!?何か見つけた様子です。
 
15


すごい!!


でもこれはキノコではないですね!
 

ryoricho

料理長:「あった~!!」


 16


これは毒々しい…

 
ある意味きれいですが。
 
取りあえず取り置きです。
 
 

捜索開始より2時間~

赤いキノコ以降はまったくキノコに出会えません…
 
ryoricho

料理長:「ここはもうないんじゃない?」

yuto

ゆうと:「そうですねー。移動しましょうか?」


ということで山の反対側へ移動しました。
 
 

途中とても大きな柑橘系の実がなってました!のでつい
 
18
 
直径15cmくらいありそうです。デコポン?
 

山を少し降りていくと…
 
19


なにやら怪しげな矢印。

 
怖いですがとても行きたい衝動に…
 
 
と、右を見ると…
 
20


さっそく!!??

 
少年の心が蘇ったのでしょうか。

ryoricho

料理長:「あった~~!!」

 

一同:「さすが料理長!!」


頼もしい限りです!!
 
21
22
 

さっきと同じキノコですよ!!


さらに1時間~

ryoricho

料理長:「ここはもうないんじゃない?」

yuto

ゆうと:「そうですねー。移動しましょうか」

ryoricho

料理長:「せっかくなんで椎茸小屋に椎茸採りにいこう!」

 
一同:「いいですね~!椎茸の食レポ書きましょう!」

椎茸小屋に

そうなんです!

ざうお本店では、なんと裏山で原木椎茸を自家栽培しているのです!
 
いざ椎茸小屋へ。

海釣り公園を一望できる山の上にあります。
 
23
 
では小屋に入ります!
 
24
 

「え!!?」

 
昨年はびっしりだったのに!!?
 
↓昨年の写真
25
 

まだ少し早すぎたのでしょうか…
 
と、そこへ会長が。

つい先ほど出荷されたということでした…
 

残念…

 
しかし違うキノコは生えています。
 
26
27

せっかくなので収穫して帰ります!!
 
28
 
…ん?
 
29 

キノコの菌にやられたのでしょうか…
 
 
 
しばらくすると…

椎茸発見!!

30
31
 
 

「あった~!」


するとまた会長が…

「それはダメダメ!!」

 
会長が捨てられた分だそうです…

またも残念。
 

小一時間椎茸小屋をくまなく探索しましたが椎茸は発見されませんでした。
 
あわよくば椎茸の食レポと思ったのですが…夢に終わりました。

収穫結果

ということで今回の収穫結果です!

何かよくわからないので調べてみました。
 
32-2
 
【カワラタケ】とてもきれい。薄いが固く食用には適さない。

【ベニチャワンタケ】食用には向かない。
 
【ヒイロベニヒダタケ?】食べれるらしい!!しかしこのキノコかどうか100%ではない。

【アカタケ】毒あり食べれない。
(白いキノコがあったような…)
 


なんと難しい!

 
それよりも、このキノコが本当にそうなのかが

不安でしょうがない!!

 
ということで、食べないことにしました(笑)。
 
 
キノコ狩りにはやはり詳しい方と一緒に行かないといけないと実感しました。

帰宅後いろいろと調べてみると(次回は行く前にしておきます…)、
ブナの木には、ヒラタケ、なめこ、キクラゲなど
有名なキノコが多く生えるとの情報が!!
 
次回はブナの木を目指してキノコ探索に向かいます!!
 
 
今回は失敗に終わってしまいましたが、本店自家栽培の「原木椎茸」は元気に育ってます。

無農薬で安心、安全です。
 
原木栽培は最高の風味とみずみずしいジューシーな食感をお届けします!
 
33
 

そんな原木椎茸を味わえるのはざうおカキ小屋で!!
 
34
 
お待ちしています!!
 

記事をシェアしよう!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

30周年記念チャレンジの記事一覧を見る