釣船茶屋ざうお

ざうお福重店

巨大雪だるまを作ろう!!≪雪を求めて三千里編≫

どうも!
ざうお福重店の梶川(24)です。

今回は、巨大雪だるまを作ろう!!
 
 
僕たちが住んでいる辺りでは、雪は珍しいもの。
積もることはめったにありません。

「小さい雪だるまなら作ったことあります。」
「かまくらとか作ったことないです。」
 
という人が大半です。
 
 

ならば!雪があるところに行って、でっかい雪だるまを作ってやろう!!

ということからこの企画がスタートしました。
 
 

それでは、巨大雪だるまに挑戦、全2回の前編です。

行って参りましょう!!

まずは人物紹介
matsuo松尾:真面目、一生懸命、たまに面白い!
ogawaサ●ヤ人 小川:毎度お騒がせおがわ。弱点 車
shinpeiしんぺー:僕、梶川です
 
今回のメンバーも毎度おなじみになってきましたね。
 

早速出発

さて雪だるまを作りに行く場所は『九重森林公園スキー場』。

大分県の真ん中あたりにあるスキー場です。
 
a
※イメージです
 

ここにはなんと「雪遊びチケット」なるものがあるのです!
 
思う存分遊んでやろうじゃないか!!

やる気に満ち満ちながら、いざ出発!!
 
 
 
 

と思いきや
 

都・市・高・速・凍・結

 
まさかの都市高が通行止め・・・
 
 

まじか・・・
 
 
 
それでも行かない訳にはいかない!!
 
俺たちは止められない!!

車に乗り込み、いざ出発だー!!
 
 
 
 
 
・・・・・・・40分後
 
 
あれ?

見覚えアルヨ?

馴れ親しんでる光景が広がってるよ?
 
なんと40分で一キロちょっとしか進んでない・・・
 
 
大渋滞に巻き込まれた福重店一行
 
これ行ける?たどり着ける?
 
 

そんな疑問を抱きつつ時間はたっぷりあったので、渋滞が解けるのを待ちながら少しずつ進んでいく。
 
 
 
 

が、ここで問題発生
 
1
 
ogawa

おがわ:「…ちょっと具合悪いです」

shinpei

しんぺー:「ん?なんて?」

ogawa

おがわ:「…やばいです」

 
冗談だろ!?車そんなに動いてないよ!??
 
shinpei

しんぺー:「え?マジなやつ?!」

ogawa

おがわ:「…マジです。無理です」

matsuo

松尾:「ハハハ♪」

 
 
 
いくら車酔いしやすいって言ってもここまでとは・・・
 
shinpei

しんぺー:「どっか止まるからもうちょっと我慢して」

 
 
ここで小川ノックアウト
 
2
 
深い眠りにつきました…。
 
 
 
 

なかなか解けない渋滞の中で睡魔に負けそうな松尾さんと、雑談しながら車に揺られること
 

4時間!

 
 
・・・・・・・・・・・・・・
 

 

なんでやねん!!

 
 
 
 
 
まだ福岡から出れていない福重店一行
 
shinpei

しんぺー:「これやばくないですか?」

matsuo

松尾:「さすがにやばいね」

ogawa2

おがわ:「・・・zzz」

 
このまま行っても間に合わない・・・

どうしよう・・・

手ぶらで帰るのわけにはいかない・・・
 
 
 
 
 
考えた末、雪がありそうな場所は…

山や!!

 
 
 
少しでも可能性がある山を探しました。
 
急遽目的地変更。
 

『雷山』
福岡周辺で標高が高い山。
 

そこに賭けるしかない・・・
 

雷山へ

1時間ほど費やし雷山へ。
 
3 
3
4

 
shinpei

しんぺー:「(……どっかで見たことある光景だな)」

 

庭巡りでの悲劇が頭をよぎりながらも進んでいく。
 
 
 
 
 
そして、山頂付近に到着!!
 
 
肝心の雪は!?
 
 
 
 
 
あったけど・・・
 
5
 
それでもはしゃぐ小川
 

よっぽど嬉しかったんだな・・・
 
 
 
 
 
 

これ以上、上には行けないと判断し制作に取り掛かります。
 
6
 
かなり微量の雪をかき集める!!

途方もないけどやるしかない!!
 
 
 
 
 
 
7
8
 
持ってきた道具を最大限駆使して頑張る。
 
 
 
 

shinpei

しんぺー:「あれ?松尾さんは?」

ogawa

おがわ:「居ないですね。どこに行ったんでしょう」

 

辺りを見回しても姿が見えない。

まさか崖からすべり落ちたのか?!
 
 

心配になって探すと…
 

 
 
 
 
 
9
 
いた!!
 
 
 
はるか上の方で雪をかき集めてました。

落ちてなくてよかった。
 
 
 
 
 
 

そして。
少ないけど、なんとか雪が集まった。
 

少ない雪でどこまでの雪だるまができるか・・・
 
11
 
 
 
 
 
 

いつになく真剣な小川が作った雪だるまがこれ!!
 
12
 
羽を生やしたかったらしい、21歳小川。
 
 
 
 
 
 

巨大な雪だるまは難しそうなので、ざうおと言えば、ということで船も作ってみることに。
 
13
 
まずは型を取っていく
 
14
 
ogawa

おがわ:「いい感じじゃないですか?」

shinpei

しんぺー:「船は先っちょが尖っとるやろ」


15
 
いい感じに尖らせて…慎重に…
 
 
 
 
 
 
 
 
16

一同:「あーーーーーー!!」


 
 
 
 
 
 
17
 
小川がサ●ヤ人になりました。
 
 
 
 
時間ももうなくなってしまい
 
shinpei

しんぺー:「ダメやったね…」

ogawa

おがわ:「…悔しいっす」

matsuo

松尾:「・・・・・・」


 
18
 
どこか寂しい二人の背中・・・

早起きしたのに残念です・・・
 
 
 
 
 
結果、失敗に終わってしまいました。

なかなか雪の降った後にみんなで行けるわけではないので、本当に悔しいです・・・
 
 

けど寂しげな二人の背中の内側にはリベンジに燃えています。
 


必ず成功させます!!


転んでも起き上がるざうお魂を見せます!!

 

リベンジ編に期待してください!!
 
 
 
 
 
 

<おまけ写真コーナー>
19
 

記事をシェアしよう!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

30周年記念チャレンジの記事一覧を見る