釣船茶屋ざうお

Takuya

【ざうお、ニューヨークへ!㉕】

【ざうお、ニューヨークへ!】第25弾です。

 

うちの家の近くの景色。うーん綺麗です。

オープン準備から今月でほぼ1年が経過しました。

 

 

短期の出張や旅行では気づかなかったNY

今までは長くても2週間ほどの滞在だったNYですが、実際に長く住んでみると色々なところが見えてくるんです。

NYは世界中から人を惹きつける魅力的な街ですが、その反面、生活して分かる大変なところもあるんです!

そんなNYに来て大変だったことベスト10!

 

1、とにかくスケジュール通りにものごとが進まない。

レストラン業界でのあるあるのようです。兎に角スケジュールはあって無いようなもの。

・物件オーナーの図面確認で1ヶ月

・ガス工事に4ヶ月半

・リカーライセンスに2ヶ月

大きなものでこんな感じ。

 

注文したものも「資材が届かない」「天候が、、、。」「物流業者が、、、、。」

とか理由をつけて遅れることが多い。

グラスをオーダーして届いたらこんな状態 😥

 

 

 

中身はこんな感じ。割れたグラスを数えて再オーダーして。

再度届いたものもまた割れて再オーダー。

3回目は店に直接取りに行く。

初回オーダーから全部の納品が完了するまで1ヶ月半 😥 てなことも

今では良い思い出 🙂

 

2、家賃がとにかく高い

今の我が家です。一人暮らしをさせていただいております。

10万円出せば、東京都内でも綺麗で交通のアクセスが良いところで一人暮らしできるでしょう。
ニューヨークで同額を出してもお店から30分〜40分電車で離れたところに、ルームメイト付きという感じです。

この額で一人暮らしをするならJFK空港付近やブルックリンやクイーンズの外れに暮らすという選択になるでしょう。

ニューヨークで住み続けるのにはとにかくお金がかかります 😥

 

3、洗濯機が家に無い

家に洗濯機があるほうが珍しいようで。しかも外に干すということもできないので、マンションや建物内に共同の洗濯機があったり近くのコインランドリーに洗濯しに行ったりととにかく大変です。

毎日洗濯できないので1週間分を休みの日に洗濯する。

洗濯に30分、乾燥に1時間ほど、そうすると休みの日はほぼ2時間ほどは洗濯に費やすことになります。

家に洗濯機がある日本生活が懐かしい 😥

洗濯機が部屋にある、建物内にある、近くにコインランドリーがある?というのが引越し先を決めることの重要なポイントになりますね!

 

4、電車が止まる、来ない、急に止まる駅を飛ばす。

ニューヨークでの移動手段はほぼほぼ地下鉄を使っていますがとにかくよく運休になります。

1週間運休なんてのはざら。さらには電車が止まって車内に10分、20分閉じ込められるというようなことも。
まぁいろんなことが起きますね。

ローカル線に乗っていたらいきなりエキスプレスに変更したり、降りる駅を飛ばして次の駅に行ったり。

週末や夜中は工事や様々な理由でスケジュール変更になっているのは当たり前。

MTAのホームページの運行スケジュールチェックは欠かせません。

出勤は30分で到着するところを帰宅時には1時間半かかるというようなこともあります。

 

そんな大変な街ですが、、、、、、、、、、、。

やっぱりニューヨークはエネルギッシュでパワーがある街です。

世界中の人たちは魅了する力があるんですよね!

ニューヨーク生活が憧れから現実になり、大変さを知っても素晴らしい街であることは変わらないですね!

 

 

これからニューヨークに長期滞在する方はこういうことを受け入れる覚悟をして来てくださいね!

 

記事をシェアしよう!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

グローバルの記事一覧を見る ワークスタイルの記事一覧を見る