釣船茶屋ざうお

Takuya

【さあ!NY!】そういえば、どうしてニューヨーク??

アジアでもヨーロッパでもない!挑戦するならニューヨーク!

2014年7月。

日本での新業態開発のためレストランの視察でニューヨークに出張したとき、多くの日本食レストランが活躍していた。

素晴らしい業態も多くある中、違和感を感じる残念なレストランもあった。

 

「ニューヨークで釣船茶屋ざうおを出店したい!」

店内に入ってすぐにお迎えする大きな船。

沢山の種類の活魚が泳ぐ生簀。

魚が釣れた時の喜ぶ笑顔。

おもてなし溢れるスタッフたち。

そして自分で釣った新鮮な魚から作られる、本格的な和食。

接客や美味しい料理をご提供するサービスだけでなく、どのお客様にも

 

驚き、感動する体験

 

を提供できる業態をアメリカで展開したい!

 という高橋兄弟の運命的な意見の一致。

 

 

 

そして、思い立ったら即行動!


その年の11月20日にニューヨークにZauo Inc.を設立したのです。

もちろん全部お店から手づくり

そして、ざうおのこだわりであり、アイデンティティである、[モノづくり]に対する想い。

ざうおはスタート当初から、店舗の内装をはじめ、店内の象徴である船も、必ず自分たちの手で作り、お店に命を宿してきました。

 

もちろん、ざうお・ニューヨーク店だって例外ではありません!

会長自ら日本で試作を重ね、ついにこのニューヨークの地で、ざうおの船も製作・そして完成!

 

NO CHALLENGE, NO FUTURE

 

今から、ざうお・ニューヨーク店にいらっしゃるお客様のことを考え、心からワクワクしています。

 

ざうおを通じて「驚き、感動する体験」を提供し続けたい!!!

 

その一心で、私たちは挑戦し続けます!

 

記事をシェアしよう!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

グローバルの記事一覧を見る ワークスタイルの記事一覧を見る