釣船茶屋ざうお

ざうお天神店

しょうたのオフショアライトジギング2 ~燃えよドラゴンの道はいばらの道編~

釣りネタばかりですみません

 

ディーディッディ、ピーピーピーーピピピー、ディッディッディー
ウオチャー!!
(民明書房刊 漢の燃えよ〇ラゴンより)

 

はじめに
ブルース・リー、本名李小籠(リー・シャオロン)の歴史を紐解いていく中でしょうたはジークンドーに出会う。
武道のみならず、人として彼はどこに向かおうとしていたのか
彼の師であるイップ・マンの存在とは?
無法を以って有法と為し、無限を以って有限と為す森羅万象陰と陽。この言葉に込められた想いとは?

 

BE WATER,MY FRIEND

壮大なスケールでお送りするこのシリーズ。
まずは敢えて人生の転換期ともなったグリーンホーネットに焦点を当てて、、、、、

あっ、すみません嘘つきました。
太刀魚です、タ・チ・ウ・オ♡

ドラゴンというワードにはついつい熱が入ってしまう天神店のしょうたです。

 

 

何やら諸事情がありまして、今回からしょうたのブログとして店舗とは独立したものになりました。たぶん。

コアな読者の皆様よろしくお願い致します。

 

 

シーバスや他の魚種はcmやキロで第三者に大きさを伝えますよね。

ところが太刀魚って指何本って言い方が釣り人には一般的だって皆さん知ってました?
体高を手の指で何本分みたいに言うんですよ。

この体高が5本を超える物になるとドラゴンという超かっこいい呼び名にかわるんですよ。
ドラゴンハンターしょうた・・・・うーんかっこ良い。

そんな単純な理由で挑戦するつもりのドラゴンロードはとても険しい道でした、、、

 

 

博多湾太刀魚について

釣歴2年程の自分には博多湾太刀魚って昔からある確率されたものだと思っていたんです。
しかし意外とその歴史は浅く博多湾内で遊漁船がボート太刀魚として便を持つようになったのはここ何年か。

それまでナイトゲームでオカッパリから接岸してきた太刀魚の釣果はたまにあったようなのでいるのはいたと思うんですが、今のようにポイントとなる能古島沖に回遊してなかったのかゲームとして確立されていなかっただけなのか。

この歴史を紐解いていく事でなにか新しい発見があるかも知れないので引き続き調査しますが、取り合えず言える事は、歴史が浅いという事は非常に不安定で流動的であるという事なんですね。

実際ここ何年かでも年によって大分違うみたいですしシーズン期間もけっこう前後しているようです。

なのに何故シーズンになると予約が取れなくなるくらい人気なのか。

 

それはですね

① 漁場が近い=安い
② 朝から昼前までと夏の灼熱に照らされず釣りができる
③ 活性があれば、老若男女楽しめる(逆にベテランより初心者の方が釣ったりする事がある)
④ ①と③の理由からファミリーーや、会社でのチャーター率が高い

要は家族でも職場でも初心者でもいける。ボートでの釣り料金でも安い部類に入るこの2つの間口の広さが支持されているんですね。

 

 

太刀魚の時期っていつなの?

G.W頃~8月末が前後する感じ

 

 

で、今年の太刀魚はどうやったんよ?

今年はシーズンインがかなり遅く、序盤はかなり不安定。

釣果が上がりだしたら、台風また台風で予約がすぐ埋まる→休みの日で数少ない予約空きの日にすぐ予約→台風でキャンセル→すぐ他の日を探す→最初に戻る

の負の連鎖にはまってしまって、僕の師匠と同じ便だけで2回、1名空きでこそっと入れた便に至っては4回。

遊漁船の予約ページを見て予約を入れるためにシフトの休み希望まで出して、ジグを買い、アシストフックを作成し、イメトレをさんざんやって、船長から○○日台風の為キャンセルで。
がこう何回も続くと釣りに行けない禁断症状が出てくるんですよ。

その禁断症状を緩和する為釣り人が行う行為が

卍解!!じゃなくて散財、、

ふー、少しスッキリ。

 

 

 

しょうがないので仕事終わりに湾奥で竿を出すと、

一瞬太刀魚かと思ってめっちゃはしゃいだのにダツ、別の名をランカー細シーバス。

 

 

 

チヌ、キビレ狙いでボトムをネチネチやればいない事はないけど、うーん、なんか違う。

 

 

 

別日に一緒になったお知り合いアングラーさんがタチウオ釣る、、ぐむむ、俺もほしい。

 

 

 

ボート持ちの後輩に無理言って出航してもらったけど当たりもなし、まわりの遊漁船はエサまいてる。。

まじか・・そんな渋いんか。
1時間で撤退。

 

 

 

ジグだけが無駄に増えていき、アシストフックの作成スピードもやたら早くなった。

 

 

そして8月末

このブログの〆切が9月1日。この記事を書いている8月28日の時点で太刀魚の釣果はゼロ。
あとは8月30日に予約している便のみ。

仕事の休憩中いつもより入念にタックルの準備をすすめていると…

ピコーン

ガビーン・・

仕事が終わりふて釣りに行くもドラマが起こるはずもなく憔悴しきって帰宅。
自宅においてあった酔い止め薬が虚しい・・

 

今年はホントにタチウオ運がなかった。

来年にご期待ください!

記事をシェアしよう!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

魚のススメの記事一覧を見る コミュニケーションの記事一覧を見る