釣船茶屋ざうお

ざうお天神店

天神店デッドオアアライヴ釣行記【第1回】~シーバスフィッシングという名の漢達の戦い編~

top
 
これは、軽ーい気持ちで始めたシーバスフィッシングが
そんな甘いものではなく、やるかやられるかの本気の戦いだと気づいた漢達が
シーバスの釣行回数・延べ100回を超えたという挫折と栄光の物語である。
 
 
 
「釣り」といわれてポカポカ陽気にウキをたらして欠伸をほわーっと。。
 
みたいなイメージをお持ちの方は、これ以上読み進めないようにしてください。
 
 

たぶん、釣りが嫌いになります。
 

長い闘いの為、前代未聞の全3回!始まります。
 
巻きでメンバー紹介
shota天神店料理長 しょうた:餌釣り経験者

akiraあきら:餌釣り経験者

mizumoto水本:バス釣り経験者

ogataおがた:バス釣り経験者
 
一応皆全くの初心者ではないです。
 
 
今回の縛り
①餌釣り禁止。必ずルアー等の疑似餌にて仕留める

②釣れるまでやる

③ロッド、リール等の装備は全て自己負担

④お店の車を使わせてもらう事があるので、釣った魚は賄いとして還元
 

目的の魚「シーバス」について
成長と共に呼び名が変わる出世魚、今回は
 

・~40cm  セイゴ

・40~60㎝ フッコ

・60㎝以上 スズキ
 

とし、60㎝以上のスズキを狙います。
 
 
 
 
 

それでは、本編をどうぞ!


shota

しょうた:「そういえばさぁ、餌釣りでメバルとか釣りよーけど、何かどでかい魚を釣ってブログネタにしたいんよねー」

akira

あきら:「漢やったらシーバスっしょ」

mizumotoogata

水本・おがた:「あっ、俺らバス釣りやってたんで、シーバスやるなら一緒にやりますか?」

shota

しょうた:「ルアーとか1回買ったらずーっと使えるし、餌代かからんやん。いいねー。シーバス釣っちゃう?」

shotaakiramizumotoogata

全員:「シーバス釣っちゃう?」

 
 
 
 
この頃の自分達に言いたい…
 
 
 
 
 

シーバスフィッシング舐めんなよ!!!!

 
 
 
 
そして全国のアングラーの方々、すみませんでした。舐めてました・・・

 
 6
7-8
9-10

etc・・・
 
 
 
いよいよ戦いの火蓋が切って落とされます。

確か15回目くらいまでは集合写真を撮っていたと思います。

それ以降はもうそんな精神状態じゃなくなってます。
 
 
 
 
 
釣行を4回行って、それまでの釣果といえば
 
11-12
チビセイゴ・イナ(ボラの子供)
 
 
 
 
 
13-14 
ヒイラギ(極小)・何かわからんスライムみたいの
 
 
 
 
 

たったこれだけです。
 
 
 
もちろん何も釣れない所謂ボウズの日もいっぱいあります。

ルアーは根掛かりなどでロストするという事を知ります。

1個1500円のルアーが1投目で引っかかってロストした時は泣きそうになりました。
 
 
 
 
 
 

そして事件は、5回目の釣行時に起こります。
 
shota

しょうた:「あっ!メガネ落とした!」

akiramizumoto

あきら・水本:「マジでー?」

 
足場は岩場で時刻は夜中の三時。暗闇の中探しても見つからず。


しょうたメガネ落としてなくす。

ギギギ、、

15
 
この日の釣果 ⇒ 0
ロスト ⇒ しょうたのメガネ
 
 
ダダへこみ…全然釣れんし。
 

次の日・・・

朝、LINEで
 
16-2
 

マジか!そんな奇跡ある!?

 

 
 
ちょうど今新しいメガネ買ったとこです…。(-_-)
 
 
17
 
朝マズメ釣果 ⇒ しょうたのメガネとヒイラギ(極小)
 
 
 
 
 
 
この頃からしょうたは冷静に思い始めます。
 
 

このままやってもたぶん釣れんな、、、
 
 
 

ここでシーバスを釣る為に必要な知識・場所・道具…
 
全てを見直そうと決意!
 
① シーバスの生態について調べるようになる

② ルアーのもつレンジ特性をキチンと理解し、まずはレンジ違いで買いそろえるようになる

③ 潮汐、天候、気温、水温を気にするようになる

④ シーバス初心者は特に皆勤性を求められると悟り、釣行頻度をさらに上げるようになる

⑤ 他のアングラーにコーヒーを差し入れして情報をもらうようになる

⑥ ホームを決めそこを重点的に行くようになる

⑦ 大潮の昼間の干潮時にポイントに出向いて地形を把握、いそうなとこを夜の釣行で確認するようになる

⑧ 最低限のシーバスタックルを買い直すようになる

⑨ グー〇ルマップで海岸線を見てニヤっとするようになる(ここらへんからもう病気)

⑩ 夢にシーバスが出てくるようになる

⑪ 営業中に釣れてきた鯛がシーバスに見え始める
 
 
 
ええ、、もう病的になってますけど何か?
 

この頃には某釣具屋のタッ●ルベリーではゴールド会員になり、ポイ●トでは顔を覚えられるようになっています。
 
 
 
 
 
 
 
そして釣行8回目(中潮、上げ6分)にて努力が報われはじめる!
 
18
水本にヒット!
やけどサゴシ45㎝!
 
 
 
 
 
19
おがたも!セイゴ30㎝!
 
 
 
 
 
20
そしてしょうた!
40㎝強のフッコ!
 
 
 
 
 
21 
ちなみにあきらさんはエイ…。

 
 
 
 
22
 

かつてない釣果!!


時代が、魚が、俺たちに追いついてきた!!

もぉ~待たせやがってこのやろう♡
 
 
 
 
 

皆の会話もこんな感じで変化します。
 
mizumoto

水本:「しょうたさん、今日の夜が中潮の下げなんで仕事終わっていきますか?」

ogata

おがた:「あそこもいいけど、下げに合わせて上流から河口に向かってランガンしましょう。試したいメソッドがあるんす。」

shota

しょうた:「よし、昨日からの雨で濁りが入っとーけんルアーのカラーはアカキンかパールホワイトやな。
ベイトの有無もしっかりチェックね。あそこはシャローやけん潮が引いてきたらあんま深く潜るルアーはやめとけよ。」


もう仕事終わり→釣行→ちょっと寝て→仕事、みたいなサイクルが当たり前になってます。

皆あんま寝てません。
 

1か月で1人当たりの釣行回数は20回を超え、しょうたに至っては休みの日に2回とか3回とか行ってるので40回を超えてます。
 

1日1回以上釣りってすごいの通り越してもうバカです。
 
 
 
 
 
 
そして釣行30回目くらい(たしか大潮の下げ5分くらい)しょうたの竿にヒット!!

しょうたの竿にヒット!!


うなるドラグ、しなる竿!これは大物の予感。


離れて釣っていた皆を呼び「俺の生き様見とけよ!」なんていいつつ格闘すること5分。
 
いよいよ魚影が見えてきた!!
 
 

でかっ!これ、、てかシーバスじゃなくね?
 
23
 
なんだステルス爆撃機か

ミサイルはどこかな?ハハハ、、、、
 

期待させやがってこのやろう。ギリギリ・・・
 
 
 
 

悪いことは続き、おがたのリールが大破。

経済的な理由で
おがた  脱落、、、

これまでの釣行回数と投資額そして釣果

24
※大半がボウズです 
 


スズキが釣れるのが先か、俺たちが倒れるのが先か。


いや勝つのは俺達だ!吉報を待て!

 

 
 
つづく

記事をシェアしよう!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

30周年記念チャレンジの記事一覧を見る 魚のススメの記事一覧を見る