釣船茶屋ざうお

ざうお所沢店

お魚珍道中 ~第6弾 夢フィッシング・back to the OSAKA~

もっさん、これクロダイでしょ?
 
1-2
 
 
 
 
 

気が付いたら、僕は知らないクーラーボックスの上に座っていた。
 
 
そうか。夢を見ていたんだ。
 
 
 
もっさんがいる。
 
  
バス、まだ来ないのかな?
 
2
 
僕たちは高速バス乗り場に居た。

大阪へ向かう為に。
 
 
 
 
 
 

ということで、藤田くんの夢からスタートした、ざうお所沢店恒例・お魚珍道中。
 
第6弾 は大阪でクロダイを釣りにいきます!
果たしてすんなり釣れるのか?!
 
スタートです。

今回の参加者
sakamoto所沢店キッチン社員 坂本:
私です。釣りが大大大好き。愛称もっさん
fujita所沢店ホール社員 藤田:
ちょっとおバカだけど、明るさと人懐っこさが取り柄。

 
 
 
 
2月某日。今回の目的地は大阪。
 
3

大阪までは深夜高速バスで向かいます。
 
fujita

藤田:「今目が覚めたばっかりなのに、また寝るのか…。いや、逃げちゃだめだ。」

 
 
 
 
 
 
 

4 
 
…て、もう寝てる。(私も)
 
 
 
 
バスは何度か休憩をして目的地、大阪に到着。

早朝、バスをおりてタクシーで堺出島漁港へ。

東京ではタクシーが初乗り410円になりましたが、大阪のタクシーは色々。
 
 
 
そして堺出島漁港の、夢フィッシングに到着。
 
fujita

藤田:「夢?!」

 
さっきから夢・夢って何だ?って感じですよね。

夢フィッシングは堺出島漁港の渡船店さんなのです。
 
5
 
夢フィッシングの倉橋船長が操縦する渡船、ドリーム号に乗り込みます。

よろしくお願いしまーす。

ではでは、出航です!
 
 
 
 
 
 
 
6
 
ゆらゆら揺られ、また眠っちゃいそう…
 

 
 
 
 
 
 
 
7
 
船で常連さんに釣り方を教わりながら目的の堤防に到着。

お弁当をお願いし、船とお別れします。

 
 
 
 
 
 
 
8
 
何度も釣りを共にしている藤田くん。

ブログを始めた頃は全くの釣り未経験だった藤田くんも、釣り具の準備が一人でどんどんできるようになりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
9
 
コマセを作り、早速釣り開始!
 
 
 
 
 
 
 
 
10
 
釣り姿もなかなか絵になるようになってきたかな。
 
 
 
 
 
 
 
 
11
12
 
時間だけが過ぎていきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
13
 
そして彼はまた眠りに落ちた…。

(毎回見るなこの光景…)
 
 
 
 
 
 
 
 
14

見慣れ青い空、曲がる竿…
 
 
sakamoto

坂本:「ごめ~ん、釣れちゃった…」

 
釣れたのは白い鳥 カモメかな。針に引っかかっちゃったみたい。

ごめんね。優しくお空に離しました。
 
 
 
 
 
 
あれ、夢かな。
 
いやいや、ドリーム号だ。

倉橋船長がお弁当を持ってきてくれました。
 
 
幕の内弁当には藤田くんの好物のえびフライが入っていました。

好物のえびフライを食べて本気モードで釣りを再開!
 
 
 
 

しかし状況は変わらず・・・。

少し離れた場所で釣っていた地元の方たちはもう片付けを始めているようです。
 
様子を見に行った藤田くん。
 
fujita

藤田:「ちょうど釣れてたよ!チヌ。鯉みたいだった」

 
釣れてない僕たちに、地元の方が帰りがけによかったらとスズキをくださいました。
 
15

優しい!わーい、ありがとうございます!
 
fujita

藤田:「ソテーにしよう」

 
 
 
 
 
 
 
 
そして大阪の名人たちを乗せたドリーム号が…。

倉橋船長が何か言っています。
 
kurahashi

倉橋船長:「チヌ!チヌ!入れるもの持ってきて」

 
16
 
倉橋船長からチヌを頂きました!ありがとうございます!

皆さん優しい!もらってばっかり。笑
 
fujita

藤田:「ソテーだな」

 
その後もあたりもなく時間だけが過ぎていき、ついに迎えが来てしまいました。
 
 
 
 

残念ながら今回の釣果は0…。
 
皆さんの優しさで頂いたお魚を持って港に帰ります。

kurahashi

倉橋船長:「今日は厳しかったみたいやね。3月になれば釣れるから」

fujita

藤田:「9月にまた来ます!」

kurahashi

倉橋船長:「9月なら大丈夫や。沖アミサービスしますよ。ざうおの難波店にも近いうちに行ってみますね」

 
ありがとうございます!楽しみにしています。
 
近くにお風呂があるか伺ったところ、船長さんが近くの銭湯まで送ってくださいました。
またもや優しいー!
 
17
 
なんとこちらの銭湯は大阪湾の水を沸かしているとのことで、出た後もいつまでもポカポカしていました。
 
fujita

藤田:「手が白い…」


チヌの気持ちも少しはわかったでしょうか?(笑)
 
 
 
 
 
 
 
ざうお難波本店にて、魚を調理してもらえるようお願いをしていたので、電車で難波店へ向かいます!

難波店に到着!!
 
魚を渡します。すごく忙しそう。

そんな中すみません…。
 
ニューヨーク研修で同じチームだった貞安副料理長登場!
魚を託します。

sadayasu

貞安:「料理法はどうしますか?」

fujita

藤田:「ソテーで!」

 
藤田くんやたら全部ソテーにしようとしますが、スズキはソテー、チヌはお刺身にとお願いしました。
 
18
 
チヌをさばいてくださっています。
皆も興味深々。
 
 

さぁ、お料理が出来上がってきました。
 
まずはスズキのソテー
 
19
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてチヌのお料理が次々と
 
20
 
そしてチヌの刺身
 
fujita

藤田:「これなら俺も食えるよ」


藤田くん気に入ったみたいです。
 
 
 
 
 
 
 
21
 
定番の塩焼き。

 
 
 
 
 
 
 
22
 
そしてなんとチヌのトマトパッツァ!

お洒落!!トマトが凄く合います!
 
どれもとっても美味しかったです!
 
 
 
 
 
 
 
 
楽しい時間はあっという間。
 
23

難波店の皆さん忙しい中本当にありがとうございました!

ごちそうさまでした!
 
 

そして私達は東京へ向かうバスに乗り、再び夢の中へ…。
 
(藤田くんは釣具を買いに行って釣具店の店員さんと仲良くなる夢をみたらしい・・・。)
 
 

つづく
 
 

記事をシェアしよう!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

30周年記念チャレンジの記事一覧を見る 魚のススメの記事一覧を見る