釣船茶屋ざうお

武藤 英次

目からウロコ!?ファミリーざうお2回目は忘れられない体験に!

1

ざうおでの釣りはちょっと特別なイベントな感じがして、1度は行ったことはあるけれども2回目はまだ…という方も案外いらっしゃるのではないでしょうか。

テーマパークだと、2度3度と繰り返し訪れることも多いですよね。実はざうおも結構奥が深くて、1度きりでは「遊べて・学べて・美味しい」魅力の全てを味わい尽くすのはちょっと難しかったりします。

 

今回はそんなわけで、ファミリーが、ざうおを2倍以上楽しみ尽くした上に、気づけば子供はばっちり食育まで自然に体感していたという、理想的すぎる小技を伝授いたします。

大見得を切ってしまったお詫びに(!?)記事の終わりの方では、秘密のスペシャルなざうおもご紹介しますので、是非最後までお付き合い下さいね。

 

 

ざうおに行くならスマホは必需品!タイムラプス機能を駆使して愉快な動画を撮ろう!

カメラアプリを起動して機能一覧をスワイプするだけでOK!

カメラアプリを起動して機能一覧をスワイプするだけでOK!

 

最近のスマートフォンであれば「タイムラプス」機能が付いていることが多いです。 タイムラプスとは、長時間の動画でもぐっと短い時間に縮めて再生できる機能のことで、これを使うと1時間の動画でも、ものの数分で見終えることができちゃいます。
ちょこまかと、とてもコミカルな雰囲気になるので、最近動画サイトでもタイムラプス動画の人気が急上昇しています。
このタイプラプス撮影を利用して、ざうおでの魚釣り~調理風景~食事風景を撮影すれば、思わず動画サイトへ投稿したくなるような魅力的な動画が撮れることうけあいです。 (撮影に夢中になって食べるのを忘れないようにご注意下さい!笑)
さらにこのタイムラプス機能には逆再生機能もついていて、空のお皿からみるみる…おっと!この先はぜひご自身でお確かめください!

タイムラプス撮影で、コンパクトに思い出がギュッと詰まった動画にまとまります!

タイムラプス撮影で、コンパクトに思い出がギュッと詰まった動画にまとまります!

 

100均グッズで盛り上がりが3倍にも!

激安グッズをフル活用しましょう!

激安グッズをフル活用しましょう!

 

ただ単純に、活きた魚を釣り上げあるだけでもかなり楽しい体験ですが、子供にとってはそこに競争の要素が入ると、俄然燃えてくるものです。
そういえば小学校でも人気のある先生って、上手に子供を競争させてくれて子供を楽しませてくれる先生だったりしますよね。
この競争を盛り上げるのに重宝するのが100円均一のメジャーです。何しろ100円ですから、万が一ちょっぴり、海水が跳ねたりしたって気になりません。
魚拓なんかには必ず魚の大きさが記されていますよね。大人だって1cmの差で一喜一憂、童心に帰って大はしゃぎしてしまう魔力が潜んでいます。

※ふじまろイメージさんのHPより画像引用させていただきました

※ふじまろイメージさんのHPより画像引用させていただきました

 

魚拓といえば、「魚拓の匠」という写真から魚拓風に印刷できるシェアウェアソフトも税込み648円でダウンロード販売されています。ふじまろイメージさんのサイトリンクから購入可能です。
スマホで撮った魚の画像をパソコンに読み込んで、このソフトで編集すれば、まるで本物の魚拓のように家庭のプリンターで印刷することができます。もちろんカラーで魚そのままの姿をいきいきと表現することもできるのでとってもおすすめですよ。
釣り上げた日時や釣った人の名前から、魚の大きさもバッチリ入れられますので思い出づくりや、夏休みの自由研究にまで使えそうです。

 

こんなお店もあったのか!ファミリーでこそ行きたくなる、食育ざうお

6

 

2015年夏に名古屋にある、「ざうお星崎店」の2階に「リトル水族館ざうお」がオープンしました。土日の夕方16時以降を除いては、ざうお利用者でなくても、なんと無料で入館できるようになっています。
規模はそれほど大きくはないのですが、アロワナなどの古代魚から、トカゲやカメなどの爬虫類などもいて驚かされます。
名古屋近辺にお住まいの方がちょっとうらやましくなってしまいますね!
水族館で魚への親近感が増した後に、あえて魚を食するということで、残酷なような気持ちにもなりますが、命をいただいて生きているということを子ども自身が深く学ぶチャンスです。大人は何一つ言わなくてもしっかり子供はわかっています。

普通に釣って料理をいただくだけでも、とても素晴らしい食育体験となるざうおなのですが、お店に任せっきりではちょっぴりもったいないですよね!
意識を少し変えてみるだけも、同じ食育体験も、子供の心に2倍にも3倍にもなって刺さる、鮮烈な思い出として刻み込まれます。

 

今回ご紹介したざうおの楽しみ方は、ほんの一例にすぎません。ぜひご自身でもクリエイティブにざうおの食育体験をプロデュースしてみてくださいね。

ざうおのスタッフにとってもきっと、子供の喜ぶ顔が何よりのご褒美に違いありません。

記事をシェアしよう!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

魚のススメの記事一覧を見る コミュニケーションの記事一覧を見る