釣船茶屋ざうお

ざうお目黒店

原価無視!目黒店ガチンコラーメン対決!

こんにちは!目黒店です。
 
今回のブログは、目黒店社員3名が原価などに縛られず
作りたいラーメンを作って対決しようと思います!
参加者はこの3人
shimomura

料理長 下村:
目黒店料理長。無口だけど熱い男!

 
tomi店長 冨澤:
実は元・大宮店の料理長。絶対負けないぜぃ!
 
kaiホール社員 甲斐:
実は元・所沢店の料理長。こちらも熱い九州男!
 
 
クルーの前評判では、やはり一番人気は下村料理長!
 
しかし!!
何を隠そう、冨澤店長も甲斐さんも、元大宮店・所沢店の料理長!
 
3人共「ブログネタっしょ!?」と笑いながら・・・

内心は負ける気さらさら無し!!!


対決当日まではお互いどんなラーメンにするのか明かさずにお互い探りあいです。
 
2人が休みの日に試作をしたり、自分が休みの日に家で試作してみたりと、
皆虎視眈々と優勝を狙います。笑
 
さぁ、優勝は誰の手に!!?

ラーメン対決スタート!

いよいよ対決当日です!

皆どんなラーメンを作ってきたのかな?
誰も知りません!楽しみ!
 
ルールは3人のクルーに食べてもらい、1人1票ずつ投票してもらいます。
その結果でラーメン王が決定します!

原価・食材の縛りなどはありません。
 

審査員は、
terukoキッチンクルーの照子さん(審査委員長)
den簾くん
daikiホールクルーの大輝くん 。
 
 
 
では、早速。トップバッターは冨澤店長。

使う食材は~~~これ!!
 
img_7149
 

おおおおぉ!!いきなり出ました、

い、伊勢海老だーー!!

しょっぱなからバリバリの原価無視食材だーーー!!!!
 
作るのは『伊勢海老ラーメン』!
 
 
店長、こだわりとポイントは?
 
tomi

店長:
「こだわりは、ざうおらしいラーメンを作りたいという思いがありました。
でも鯛ラーメンだと誰かとかぶる恐れがあると思いあえて外し、海老の王様・伊勢海老をメインにラーメンを作りたいと考えました!
予算注ぎ込み過ぎました!すみません!でも勝ちたいんっす!

 
 
材料は至ってシンプル!
 
img_7157
 

まずは伊勢海老の頭を割り、香ばしく焼いていきます。
 
img_7170

 
その後昆布を入れたお鍋で、殻と頭の味噌でじっくりと出汁を取ります。
 
img_7152
 
 
取れた出汁と鶏ガラスープを合わせ、伊勢海老の味噌と身をほぐし入れ、
スープがよく絡むようにと細ちぢれ麺と合わせ、最後に食感が楽しめるように豆もやしとメンマを添えました。
 
img_7154
 
 
ネギを散らして伊勢海老の頭を乗せて、完成です!
 
img_7260
 
さぁさぁ、食べてください!!
店長自信作を早く食べて欲しくて急いで審査員に食べてもらいました。
 
 
審査委員長の一言
teruko

照子:「薄い!!」

 

ど~~~~~ん!!⤵tomi2

 
あれ…?はい、もう終了~な空気感!?
 
 
簾くんに至っては
den

簾:「麺の硬さがいいですね!」

 
「そこですか~!?スープは!?」
 
店長早くも脱落…?
 

さてお次は

2番手に仕上げてきたのは、下村料理長!
 
使う食材はこちら!!
ドン!!
 
img_7176
 
ん?左端にあるのは…?

アワビキターーー!!!!

これまた中々の原価無視な食材です!!
 
 
 
昆布と大根でじっくり出汁を取り
 
img_7172
 
 
身を煮詰めていきます。
 
img_7185
img_7171
 
 
肝は裏ごしをしてから湯煎で火入れをし、仕込んでおいた葱油と混ぜ合わせ肝油を作ります。
 
img_7184
 
 
この肝油をスープに溶かし込むことで、よりアワビの風味が増した美味しいスープの完成!
 
img_7191
 
 
麺は少し太めのちぢれ麺を使用!
切ったアワビと、上にもアワビの肝ペーストを乗せて完成です!
 
img_7258
 

では食べてもらいましょう!
 
まずは審査員の照子さん。
teruko

照子:「さすが!!」

den

簾:「料理長!このラーメンすごいよ!!」

daiki

大輝:「料理長!お店開けますよ!」

 
 
tomi2

冨澤:「なんだ…この反応の違いは!!俺にも食わせて!」

 
ちーーん。はい、敗北~。

shimomura

料理長:「一緒にされたら困るよね~」

 
 

 tomi3うぐぐぐぐ!むかつく~!!

 

最後は・・・

黙々と作業をしていた甲斐さん。
 
作るラーメンは『我が家のつけ麺』
普段から家でも作っていて、奥さんのお墨付きももらっている自信作!

kai

甲斐:「即席で考えた二人のラーメンには負けられませんよ~」

 
 
材料はこちら!
 
img_7162
 
最初の二人とは違い、奇をてらった食材はなさそうですね。

こだわりポイントは、一晩漬け込んだ半熟煮卵!
そして柔らかチャーシュー。
 
ちゃんと卵を糸で切るこだわりよう。
 
img_7264

ラーメン屋さんなの?ねぇラーメン屋さんなの??

 

調味料を合わせていきます。

img_7261

材料も作り方も簡単で、あっという間に完成!
(すみません、あっという間で途中の写真があまりありません;)

さすが、家庭で作っているラーメンなだけありますね。
 
img_7197
 
オイスターソースと麺つゆと味噌を合わせた簡単かつ濃厚なスープ!

見るからに美味しそう!!
 
 
さぁでは食べてもらいましょう!
teruko

照子:「へ~~!!」(おそらく迷っている、へ~)

daiki

大輝:「俺これめっちゃ好き!!」

den

簾:「・・・・・・・うーん!!」(こっちもおそらく迷っている)

 
 
tomi3

冨澤:「なんだまたこの反応の違いは!食わせてよ!」

 
……はい、敗北~パート2
 

結果発表

いよいよ結果発表!3人にどれかひとつを選んでもらいました。
 
shinsa
 
まず大輝
daiki

大輝:「料理長のアワビラーメンも本当に美味しかったです。
でも僕は甲斐さんのつけ麺がすごくハマりました!!本当に美味しかったです!3日に1回は食べたい!」


甲斐さんに一票。

tomi2

冨澤:(俺のは…?)

 

次に簾くん
den

簾:「まったく違うラーメンだったから本当に難しいです!もう少し考えさせてください!」


真剣に悩んでくれていたので先に審査委員長に伺うことにしました。
 
teruko

照子:「料理長のに一票!!でも本当、甲斐さんのラーメンもとっても美味しかった!もう後は好みよね。」


料理長に一票。

tomi2

冨澤:(俺のは……?)


二人に一票ずつで並んだ!

 
あとは簾くん!!

料理長・甲斐さんに入れば優勝者の決定!

まさかの店長の究極の麺の硬さ!
「茹で加減」でのみの1票が入れば三つどもえの結果となります!
 
さぁ簾くん!!
den

簾:「やっぱり二人のラーメン選べないよ!どっちも美味しすぎたよ!!」

tomi2

冨澤:(あっれーー!??俺のなかったコトになってるぅー!!)

 

ということで、目黒店究極のラーメン対決の結果は
下村料理長・甲斐さんの同票獲得で2人のチャンピオンに決定です!
 
勝者からのコメントです!
shimomura

料理長:「当然でしょ!出来れば単独で欲しかったけど・・・」

kai

甲斐:「自信あったけど流石料理長やね!単独で欲しかったね!」

 
本当に今回のラーメン対決は、意地とプライドをかけた壮絶なバトルとなりました!

第二弾の対決があれば、是非今回に引けを取らないような対決にしたいと思います!
 

最後に、完敗の人…
 
 

 
伊勢海老に踏んづけられてしまえっ!

img_7214

 チ~ン

記事をシェアしよう!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

30周年記念チャレンジの記事一覧を見る ワークスタイルの記事一覧を見る