釣船茶屋ざうお

ざうお難波本店

新入社員・吉川 勇人の100本締めチャレンジ

ど~も皆さんこんにちは!

ざうお・難波本店の社員になりました、吉川yoshikawaと言います!

どうぞよろしくお願いします!
 
 
釣船茶屋ざうおでは、お客様がお魚が釣れた際、お祝いに1本締めをさせて頂いています。

今回のチャレンジの企画は、、、なんと

100本締めです!

 

僕が1日で100回の1本締めにチャレンジさせていただきます!!

果たしてチャレンジ成功なるのか??
 
僕の初めてのブログです!では、チャレンジスタートです!
 
 
 
 

100本締め当日がやってきました。

オープンの11時30分、気合いを入れての太鼓スタートです!!
 
1

オープンから15分程度が過ぎキャーという声が聞こえすぐに向かうと、1本目の鯛が釣れていました!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2
3

12時になりお店も賑わってきた所で、先ほど鯛を釣られたお客様に何の餌で釣れたかを伺い、他のお客様にその餌を付けてあげるとすぐに釣ることができ、幸先のいいスタートを切れました!

 
 
 
 
 
 
 
4
5
 
13時頃になり、中々釣れづらくなり苦戦していると、難波店で最強の餌と言われている赤海老の餌が他のスタッフから渡されました。

信じて付けてみると、ま、まさかの入れ食い!
でおそらく10秒程で釣れました!

さすが難波店最強の餌や!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 

6
 
その後も赤海老の餌に助けられ、ランチタイムだけで41匹が釣れました!!

※この100本締めチャレンジは鯛のみではありません
 
 
 
 
 
 
 
 

7
 
ディナータイムになる前にランチで汚れた服を着替え、仕切りなおしてディナーに挑みます。

ディナーになるとランチの倍以上のお客様が来店され、アッという間に満席になりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
9
10
 
これはチャンスと思い、色々な餌を仕込み竿が垂れている場所に接近し、ドンドン餌を変えると色んな場所で魚が釣れまくり!

一人では全ての魚の対応に追いつかない程に!!

同じお客様が2匹同時に釣りあげたりで、お客様も大喜びです。
 
 
 
 
 
19:30
2回転目の時間が来ました。

1回転目でかなり釣れていたので、釣れづらくなるのではとドキドキしていましたが、しっかりと餌の付け替え、ひっかけ釣りのひっかけ方など説明をすると、再び色んな所で釣れ出しました。

12
13
14
 
 
 

これで僕もお客様もホッとし、元気よく1本締めをしようかと思い声を出してみると、、、、、

喉に違和感を感じました。
 
気にせず1本締めを進めていくと、なんと声が枯れだしてきました…
 
 

この時点でまだ1本締めの数は79本です(>_<)

後21回も1本締めを全力で出来るのだろうか??
 
 
15
16
17
 
 
 
 
 
22:00になり、ラストオーダー1時間前になりました。

夜遅くになると魚が釣れなくなってくるのですが、この日も例外ではなく…。

お客様と真剣に鯛を釣っていると、ものすごい視線を感じる!!

恐る恐る横を見ると…
 
 
 
 
 
 
 
 
18

小林店長の真剣な顔…!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19
 
ん?いや、違う、怒っているのか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20
 
ど、どっちだ!?笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ラストオーダー10分前、小林店長が魚を寄せる為、海水を混ぜた瞬間に!!
 
21
 
まさかまさか寄って来た鯛が餌をぱくり!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
23
 
見事に鯛が釣れました!!

お客様もいきなりのことにビックリな表情!!
 
 
 
 
 
 
 
 
24

釣れたお祝いに、二人で仲良く写真を撮らせて頂きました!

これがこの日、チャレンジ最後の1本締めです。
 
 
 
 
 
結局、途中から釣れ過ぎていっぱいいっぱいになったため、数を数える担当を他の人にお願いしました。

なので僕自身も最後の祝い締めが何本目なのか把握しておらず、営業後に結果を聞いてみると…
 
 
 
 
 
 
 
 
 

なんと112回!!!

 
100本締めを達成できすごく嬉しいです!!
 
これからも難波店皆で力を合わせてお客様に喜んで頂けるように1本締めを盛り上げていきます!!

写真撮影にご協力してくださった皆様、ありがとうございました!
 

記事をシェアしよう!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

30周年記念チャレンジの記事一覧を見る ワークスタイルの記事一覧を見る