釣船茶屋ざうお

釣船茶屋ざうお

【ざうお、ニューヨークへ!⑥】リカーライセンス取得のために

こんにちは!副社長のタクヤです。

(【ざうお、ニューヨークへ!】第1弾 第2弾  第3弾 第4弾 第5弾はこちらから)

リカーライセンスの取得のために!

リカーライセンス取得に向けた第1関門

「コミュニティボード」

日本でいう町内会のような集まりです。

レストランは必ずコミュニティボードを通して、マンハッタン区の地域住人に許可をもらわなきゃならない!

このコミュニティボードに出席して業態説明などして許可を得ることが、今回の大きなミッション!

スクリーンショット 2017-08-16 13.23.54

ここが会場「Yotel New York」というホテル!

このコミュニティボードは月1に1回しか開催されないので、1回失敗したら1ヶ月も待たなければならい許可もらうのに3ヶ月とかザラらしい。

業態説明資料やメニュー・事業計画・平面図や店舗デザインスケッチなど1ヶ月ほどかけて資料を準備して、弁護士アランさんに依頼。

1発 OK もらいに行くぜ!

 

いざ!コミュニティボード会場へ

 

審査員?地域住人の代表?の人たちが12名 座っている。

会場の入り口で議事次第を渡されて椅子に座って待つように言われる。

ここらあたりからちょっと緊張。ドキドキ!

全部で30件ほどの飲食店が追加や変更、新規でリカーライセンスの許可をもらいにきている。

私たちの後ろには10数名の地域住人の方が資料を持って打合せをしているよう。

僕らは7番目!

写真撮りたいけどドキドキしてそれどころじゃなかった(笑)

コミュニティボードスタート!

・1社目が始まります!

 弁護士とマネジャーらしき人がプレゼンを始めます。

 ものの5分ほどで代表者が許可の多数決をとって承認が得られました。

 あれ〜?意外とすんなり取れるもんなの・・・・・・・・・

 と思ってた矢先・・・・・。

・2社目 1時間の問答のあと 「却下!」

 この1時間 マネジャーと弁護士が設計が要件を満たしていないなど質問ぜめ。

 後ろに控えていた地域住人からのクレームや改善提案などこれが噂のコミュニティボード!Wow!!

・3社目 40分… 

・4社目 40分……

まじかー!これはやばい感じがするー。

同席いただいたパートナーと弁護士が!

資料は大丈夫!

だけど生け簀の海水や釣る行為に質問やクレームが来るかもと。

Wow!!

緊張も↑↑。

ついに「ざうお」の番に!

12名の代表者の前に出てプレゼンスタート!

業態説明や店舗レイアウトやオープン時期についてなどプレゼン!

するとすぐに質問が・・・・・・・・・・。

「何種類ぐらい魚が泳ぐの?」「子供は連れて行ってもいいの?」

「釣った魚は重さで金額が違うの?」「予約制を取るの?」

とお客として行きたいから色々聞かせて!

って質問ばかりで5〜6分で1発合格!

ミッションクリア 未来は明るい!

でね〜!


このコミュニティボードに出した資料は公開されていて、それを見た多くのメディアの方が告知を出してくれてました!


EATER New York

・Time Out New York

・DNA info

・Tasting Table

・HUFF POST

・Chelsea Patch

・VIVA

などなど


それだけでなく「ざうお」のサイトに、海外から多くの励ましや応援メッセージ、お問い合わせをいただきました!

IMG_1639

本当にありがとうございます!!

 

 

記事をシェアしよう!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

グローバルの記事一覧を見る ワークスタイルの記事一覧を見る