釣船茶屋ざうお

Takuya

【ざうお、ニューヨークへ!】社長&副社長が行く、世界進出レポート第2弾

こんにちは!副社長のタクヤです。

2014年11月からのプロジェクト。 そう!「ざうお」ニューヨーク店のオープン!
2015年の12月にニューヨークの現地法人「ZAUO INC.」の決算の打ち合わせで訪問した時のこと。

市場調査と現地の物件相場の参考のために内見した物件に、僕たち高橋兄弟の直感はビッビッ!と。
(【ざうお、ニューヨークへ!】第1弾はコチラ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここで「ざうお」がしたい!

物件の内見をした後、すぐに申し込みを入れて帰国しました。

日本に帰国してからは、すぐに図面を引いてリカーライセンス取得準備などを実施して・・・

「失敗の数を数えるな!チャレンジした数を数える!」

「力は体験・経験したことでしか得られない!」

と心に決め、物件のオーナーとの交渉を進めてきました。

そんな時、オーナーから直接会って話がしたいとオファーが来たのです・・・!

 

やったー! そして1月下旬に再びニューヨークへ

IMG_3256

まずは出店を現実のものへとしなくちゃね。

ということで、ざうおに不可欠な活魚をもとめて、マンハッタンから車で1時間ほどのところにある水産会社を訪ねてきました!

これまでマンハッタンでは商談が中心だったため、物流倉庫や活魚の水槽などを見せていただくのは初めて。
無理を言って朝の一番お忙しい時に見学させていただきましたが、衛生面もしっかりして臭いもなく、素晴らしい倉庫です。

12633583_888555917932327_3530285751002040314_o

こちらには活魚タンクになっているコンテナがあり、それを船便に活用し、海外から活魚を買い付けているそうです。
また、自社でも活魚車を持っていて、現地の魚を買い付けに行ったりもしているようです!素晴らしい!
 
タラバ蟹、オマールエビ、伊勢海老、ホタテ、大アサリ等の貝や甲殻類。黒そい、ヒラメ、スズキなどの泳ぐ魚もいるんです!
12525399_888557561265496_1808009922948235049_o
 
さて次は建築士のUEKENさんとNYのパートナーと物件の内見。
設備や法規に関することを1つ1つ確認しながら・・・
 
チェック!チェック!
 
日本から忙しい中 UEKENさん(上野建築研究所さんとの対談はコチラ)、ありがとうございます!
 
IMG_3247
 
そしてオーナーとの面談前に最終の図面確認!
 
IMG_3295
 

ついに!オーナーとの最終面談!

アメリカでは?マンハッタンでは?

「持ち帰って検討します!」という文化がないとのこと。

5分ミーティングというのがあるらしく「ちょっと待ってね!」とオーナー側が5分ほど席を外してミーティングし、その後その場で最終オファーを提示してくるらしい。

こちらの絶対譲れない条件を持っておいて、5分ミーティングが始まったらその場で意思決定しないといけないよ!
とアドバイスもらい、面談に・・・・・・

 

オーナーとの挨拶も早々に、交渉スタート!

始まって10分ほどで、噂の「第1回5分ミーティング」に。

マジか!

もうここで最終意思決定しないといけないの!?(全くもって合意できる状況じゃないんですが・・・)

IMG_3246
※この写真は法律事務所での一コマ!ミーティングしている緊張感を演出しているだけです(笑)

交渉決裂を覚悟して高橋兄弟 再度、僕らの条件提示!

まさかの「第2回 5分ミーティングwith不動産会社」

不動産会社の方のみ会議室に戻ってこられて渋い顔・・・・・・

「ざうおさんにとってはgood news、私にとってはbad news」

????????

オーナーが戻ってきて条件を譲歩してくれるとのこと!

それでも合意できる条件ではない。

「持ち帰りましょう!」との不動産会社の方のアドバイス!

大丈夫? 

「オーナー側の担当の社長さんは「ざうお」を入れたい。
けど会長さんは厳しい条件を提示されているらしく、先方も揺れているので、ここは時間をおきましょう。」と席を立つ。

「持ち帰って検討」もあるじゃん!(笑)

オーナー側の条件をもとに再度事業計画を作成し、保健所や建築設計に関して詳細に詰めていこう。

UEKENさんとNYのパートナーと約束し帰路に立った。

日本に戻り、図面のやり取りや保健所や建築基準などを精査し、限界まで調整するもやはり当初、僕らの最終提示した条件でなければ、事業計画は成り立たない・・・

とても悔しいけど、この物件は諦めよう!

そして今、新たに物件探しを始めています。

現段階では新たに2件の良い物件があり、5月のGW明けにはその物件を見にまたニューヨークへ行ってきます!

3歩進んで2歩下がる。少しづつですが、でも前に進めている、そう思っています。

後日談(笑)

お断りの連絡を入れてから2週間ほど経ち、例の物件のオーナーから僕らの条件で良いと連絡がありました。

しかし、その物件に気持ちが乗らなくなってしまい・・・お断りしました。

物件はご縁のようなものですね。

 

記事をシェアしよう!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

グローバルの記事一覧を見る ワークスタイルの記事一覧を見る