釣船茶屋ざうお

小野本部長

新たな魚種を求めて ~うちわ海老を生け簀に~

ざうおといえば釣り!

釣って楽しい!はもちろん、どの魚にしようか選べる楽しさも付加したい!

そんな想いで、魚種の充実は至上命題のひとつでもあるんですが、活かしものって中々安定して入らないとかムズかしいんですよね。

 

今回はそんな中で見つけた、ある食材にスポットを当てます。

 

 

こんちは、天神店のしょうたです。

30周年ブログが無事終わったのに、僕は月一更新続行が決まりました。。。

 

しかも今回のように、小野本部長のブログもちょいちょい書いたりもしているんで、何か俺だけ記事のアップ数多くない?!

えっ?負担じゃないかって?

 

ノンノン、そんな発想じゃきつい仕事にぶちあたった時心が持ちません。

やるからには楽しんで自己の成長につなげるという強い意志とそんな自分が好き♡
という脳内環境を作る事で大体やれます((笑)

 

為せば成る、為さねば成らぬ何事も。です

 

―閑話休題―

 

さて、ざうおでは店内で釣りができるという、大きなアドバンテージがあります。

お客様の層も夏休みにはファミリーで賑わい、釣りが入ったコースを利用した会社での飲み会や、海外からのお客様まで非常に多岐に渡り、それも釣りがあってこそ。

 

だからこそ、より楽しんでいただく為のひとつに魚種を充実させたいということで、各店舗でその地域と季節でおすすめの魚が入っているのです。

ただ、自然の海を相手に、しかも活かしものとなると入荷しても続かなかったり、すぐに弱ってしまったりと中々思うようにいかないんです。。

 

何か良いのないかな~と思っていた矢先にまたこの人が、、

 

取引先協和商工の湯藤さん

 

湯藤さん:「料理長、今困り事とかありませんか?」

しょうた:「ありますよ~。活魚の種類を増やしたいです。湯藤さんの会社長崎でしょ?何か良いのないですか?」

湯藤さん:「活魚ですか。そうですねぇ、長崎の瀬戸市場の方で、うちわ海老の水揚げが通年あるくらいですねぇ、、もうしわけないです」

しょうた:「そっかー、うちわ海老かー、しかも通年で入るのかー、残念やなー。。。

ってあるやん!!
見に行きたい!

フェア案件にもなるかもやけん、うちの上役にも声かけるけん、スケジュール組んでください!」

 

 

 

で、6月某日

小野本部長はじめ数名で、一路長崎県たびら町を目指します。

ちなみにうちの(本店)店長・近藤は、料理にもフェアにも全然関係ないのに、何故かいます。

しかもうちわ海老見に行くっていいよーのに甲殻類アレルギー持ちというポンコツぶり。

 

 

 

そしてたびら町にある瀬戸市場に到着。湯藤さんと合流します。

 

 

 

瀬戸市場の松山さんに案内して頂きました。

 

 

 

この沖合の漁場はいろんな潮がぶつかって全国的にみても好漁場のようです。

魚種もめちゃめちゃ多い!

 

 

 

しかも安い!!

 

 

 

そして目当てのうちわ海老。

旬の冬時期のそれは圧倒的な甘さが伊勢海老を凌ぐと個人的には思っています。

 

 

 

夏の禁漁期間を除いて通年でうちわ海老が安定してとれる漁場は九州でも中々ないらしいです。

 

 

 

説明もそこそこに、早速うちわ海老の試食の為場所を移動。

 

 

 

ジャン!

おぉー、いいね!

 

 

 

うまーい!

甘味が上品。これは使いたい。

 

 

 

この後の商談で仕入価格とロットの折り合いもつき、ひと安心。

最後に皆でパシャリ。

 

湯藤さん、松山さん、今回はどうもありがとうございました!

 

 

 

現在ざうお天神店をはじめ、難波本店、新宿店、渋谷店、所沢店で、うちわ海老フェアを開催しています!!

一尾1,280円(税別)で、刺身・バター焼き(関東店舗は塩焼き)、お味噌汁でご提供しております!

冬のうちわえびの甘味や旨味を是非味わってみてください。

お待ちしております!

 

記事をシェアしよう!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

魚のススメの記事一覧を見る ワークスタイルの記事一覧を見る